「今付き合っている彼が忙しい人で、LINEもデートもかなり少なくて不安……」

こういったメンタルになると、正常ではないので理性を保つのも難しく、判断能力も落ちていて恋愛独特の奇行を犯しがち。

そうなれば彼との関係もこじれてしまって、恋愛が悪い方に傾きやすいんです。

そこで今回は、忙しい男子にやってはいけないNG行動をご紹介。彼氏が忙しい人で、でも仲良く付き合っていきたいのならコレは控えましょう。

忙しい男子にやってはいけないNG行動

彼をじーっと待つだけ

彼とデートできる日が来るまで、じーっと待つ!という忠犬のような彼女は、彼氏としては安心できますが、実はちょっとプレッシャーに感じます。

できれば会っていない時は、自分なりに有意義に過ごして欲しいんです。

例えば、友人とランチに行ったり小旅行に行ったり。彼は会えなくてもあなたに楽しく過ごして欲しいと思っています。

あと、いつでも会える彼女では、彼も「いつでも会えるし、いいか!」と甘えが出て、あなたのことを後回しにしたりします。

前もって予定を伝えないとデートできない彼女のほうが貴重性が高まります。彼もあなたのために時間調整しますから。

ただ待つのではなく、彼のいない時間を楽しみ「いつでも会える」と思われないようにしましょう。

何かとしつこい

返信をしなくても彼女から延々LINEが来たり、「今週忙しいから、もうちょっと待ってね。来週には予定送るから」と言っても「いつ会えるの?」と何度も聞かれたり…。こうなると彼もげんなり。

忙しい人は言うまでもなく時間に追われているから、優先順位を決め、仕事に支障をきたすことをできるだけ排除しようとします。

だから、彼女と生産性のない、建設的でないやり取りは時間を奪われるので極力避けたいんです。

彼女のしつこさって、彼のエネルギーを奪うんですよ。

彼にかまってほしい、彼にもう少し時間を作ってほしいのもわかりますが、彼に冷められたくないのなら、しつこくしないことです。

彼と仕事を疑う・責める発言

彼と仕事を疑う・責める発言

彼となかなか会えず、LINEだけのやり取りが続くと「本当に忙しいの?」と疑念が生まれるかもしれません。でも「本当に忙しいの?会いたくないだけ?」「仕事仕事って働きすぎ。少しは時間作ってよ!」と言うのは危険。

彼と仕事を疑う・責める発言は関係をこじらせるだけですから。自分の本音を伝えるのは大事ですが、伝え方が重要。

「会えないから不安だし寂しい」と言うのはいいのですが、「本当は忙しいんじゃなく、単に会う気がないだけじゃないの?」と疑いまじりの責め言葉は、彼も傷つき反発します。

伝えるのなら憶測ではなく、自分の感情を伝えましょう。

彼を信じること

忙しくても誠実な男子なら、極力彼女のために時間を作ります。

不安かもしれませんが、彼との関係をこの先も続けていきたいのなら、もう信じるしかないんですよ。

彼だって、疑ってくる彼女より信じてくれる彼女のほうを愛しますから。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)