気になる男子とのやりとりは「イイ感じ」で、二人の間の空気は悪くないと感じる。

「そろそろ告白してくれるかな……?」と思ったけど、なかなか進展がない……

「ねえねえ、脈ありっぽいのに、どうしてわたしに告ってこないの?」って、彼に聞けると、ホントは一番いいんでしょうけど……。

今回はそんな、「脈ありっぽいのになかなか告白してこない男子の本音」について見ていこうと思います。

彼らはいったい、なにを考えているのでしょうか?

じつはほかに好きな人がいる

このケース、実際に当事者になることはあまりないかもしれませんが、「あるある」話でもあります。

他に好きな人(もしかしたら本命の彼女とか……)がいるにもかかわらず、「脈あり」っぽいサインを送ってくる男子ってど~よ……って思いますよね。

でも、一部の男子は本命がいてもいなくても、「かわいいな」とか「お近づきになりたいな」と思ってしまったら、ちょっかいをかけることがあるんです。

こういう話を聞くと「なにそれ!サイテー」という女子の方が多いかもしれません。が、なかには「それでも彼が好き」なんて女子もいます。

仮にあなたがそうだとしたら、「どうしよう」と悩む前に、彼の本命になってしまいましょう。

そのためにはまず、今よりも、彼にとって近い存在になる必要があるように思います。

とはいえ、急にグイっと距離を縮めてこられると逃げたくなるのが男子というもの。焦らずに、ゆっくりと彼の気持ちに寄り添っていきましょう。

「勘違いだったら恥ずかしい」と思っている

自分から告白しない男子は、その多くが「恥をかきたくない」とか「告白を断られて傷つくのが怖い」とか思っています。

傷つくのが怖いんですね。なんともかわいらしい。

また、そんなふうにして傷つくことを恐れている男子は案外、恋愛経験が少ないマジメでいい男だったりします。

「別にフラれても次行けばよくね?」なんてことを言う男子もいますが、たいていは遊び人か、恋愛に慣れ過ぎた人です。

好意的に言うなら、たくさん恥をかいて、たくさん傷ついてきたからこそ「人の気持ちがわかるヤツ」なのかもしれません。

すごくぶっちゃけて言ってしまえば、「脈あり・脈なし」なんてただの「思い込み」。

あなたの方から動いてあげれば、間違いなくなにか変化はあるはずです。

告白して気まずくなるのがイヤだから

たとえば同じ会社や同じクラスなど、「同じ空間にいる」男女だと、脈ありとわかっているけど、告白して気まずくなってしまったら困る、という理由で告白してこないことも当然ながらあり得ます。

おそらく、このパターンが一番多いのではないでしょうか?

同じ空間にいる、ほかの人に気を使っているということも考えられますね。

常識のある男子ほど、「恋に夢中でまわりが見えない」ってことにはなりにくいものですから、付き合えたとして、そのあとの周囲の反応なども気になってしまうわけです。

なかなか一歩をふみ出せないのは、あなたも彼も、同じなのかもしれませんね。

おわりに

男子の本音をご紹介してきましたが、一番いいのは、冒頭に書いたように「どうしてわたしに告ってこないの?」と聞いてしまうことだと思います。(それができればこの記事は読まないわけですが……)

たとえあなたが「脈あり」と勘違いしていたとしても、好意を寄せてくれていることがわかれば、彼の気持ちはほぼ確実に動かされます。

好意を寄せてくれる人に怒れる人って、そういないですよね。

「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」です。

脈ありサインを感じたら、そしてその彼のことが好きなのであれば、最低でもその彼と仲良くなるべきなんです。

今、仲がいいのであれば、もっと仲良くなるべきなんです。仲良くなれば、あとのことは時間が解決してくれるはずだから。

(ひとみしょう/文筆家)

(愛カツ編集部)