大好きな彼から告白をしてほしいけれど、どうすれば一歩踏み出してくれるのか気になるところですよね。

そこで今回は、男性の中でも特に超がつくほどの奥手男性たちが、どんなときに告白を決意したのか聞いてみました!

決意するきっかけがあれば、告白に踏み切ってくれるかも♡

よしっ…!超奥手男性が告白を決意する瞬間3つ

「絶対両想いだ」と確信したとき

「彼女のことが好きだけど、どうしても告白できなくて……。でも僕の気持ちを知ってる友達が、全力で応援してくれたんです。彼女の友達にリサーチしてくれて、両思いって確信できたのでやっと告白できました」(27歳/SE)

奥手男性の場合、普通の人よりも人一倍ふられてしまうのを怖がる傾向があります。

告白する相手が自分に好意があることを確信できると、実際に告白しようと決意できるそうです。

もし彼へ自分の気持ちを示せていないのなら、直接はもちろん、周囲から攻めるのもアリ。

彼と共通の友達などに、こっそりと協力を仰いでみてはいかがでしょうか。

周りがカップルばかりになって焦ったとき

「友達も恋愛にはちょっと疎い感じの人ばっかりだったのに、気が付いたら自分だけが彼女がいなくて……。これは男として一歩踏み出さないといけないのかも、って焦る気持ちから告白できたことがあります」(29歳/公務員)

奥手男性は周りが彼女持ちばかりになると、自然と遊べる回数も減り、ひとりの時間をより実感することも。

また、仲間内の話題にも彼女の話があがるようになり、寂しく感じることもあるようです。

彼の周りにカップルが増え始めたときは、チャンス到来と考えてアピールしてみてもいいかもしれません。

身近に恋敵が出てきたとき

奥手男子の恋愛傾向、本音は?

「ずっと好きな人がいたけど、勇気が出なくて告白できずにいたら、同僚も彼女のことが好きって耳にして……。自分のほうが彼女を好きな時間が長いし仲もいいはずなのに、最近好きになったやつに取られるのは嫌だ!と、思い切って告白しました」(26歳/自動車整備業)

ライバル出現は、奥手男性にとっても告白の後押しになるようです。

相手のことを好きな期間が長いほど、他の人に取られるのは耐えられないとの気持ちが高まって、告白に踏み出す決意をしやすいのだとか。

ライバルが自然に出現してくれるのが理想ですが、そんな状況がない場合は自分から「食事に誘われて……」など、ほんのちょっとだけ匂わせてみるのも、ありかもしれません。

告白してもらいたいなら周りから固めるのも手

奥手男性は、自分からグイグイ行くのがとにかく苦手。

周囲からの盛大な後押しがないとなかなか踏み切れないようです。

自分の気持ちもそれとなくアピールしつつ、周囲にも協力してもらって、彼が告白を決意できるきっかけを作ってみましょう。

(愛カツ編集部)