デートはしているけど交際にまで至らない、イイ感じだったのに他の子に取られてしまった……。

彼に興味は持たれている(いた)けれど交際に至らない場合、「良い子なんだけど、なんかなぁ」「すごく好きってわけじゃないから、別に交際は……」と、何か付き合う決め手に欠けているのかもしれません。

そう、自分を磨けば、彼の見る目が変わってお付き合いできる可能性も十分あるんです。

そこで今回は、本命になるための自分磨きのポイントをご紹介。

「気になる人」から「本命」になれる!自分磨きのポイント

外見磨きはやりすぎに注意

「外見より中身」とは言いますが、外見を磨いて損はありません。

ただ、やりすぎには注意です。ただ単に頑張ればいいというわけではありません。

自分をキレイに見せようと意気込みすぎて濃いメイクをしたり、若作りな格好をしたり、無茶なダイエットをしたりするのは、逆に男心を遠ざけやすくなります。

外見を磨くとしても日々のスキンケアやヘアケア、シェイプアップ、姿勢を正すことや品のあるファッションを心がけるくらいで十分です。

外見に健康的な雰囲気とナチュラルさがなくなると、違和感を持たれてしまうことも多く、恋心が芽生えにくいですから。

気遣いと寛容さ

人って外見で好きになっても、内面を見て冷めたり嫌になったりするんです。

いくら可愛くても美人でも、気遣いや寛容さがないと魅力も半減……。

道徳心が欠けていたり、人間性が低かったりすると、ドライな人や幼稚なオトナに見えてしまいます。男性も好意を抱きにくくなってしまうかも。

なので、デートはするけど付き合わないとか、他の子に乗り換えたりとか、そういうことが起こりやすくなるんです。

恋愛もそうですが、日頃から他者を思いやる気持ちを持ちましょう。気遣いと寛容さは、いい人間関係を築く上では必須ですからね。

コミュニケーション能力

コミュニケーション能力

話したときに「薄っぺらい話ばかりでつまらない」「ネガティブで批判的だな……」「何を言いたいのかわからない」といった印象を持たれてしまうと、相手の気持ちは下がりやすくなるはず。

コミュニケーション能力って、お互いを知る上ではかなり重要なスキルです。

これを読んでいる女性の中には、話し下手な人もいるかもしれません。

別に、面白いギャグを飛ばせということではないんです。

相手の話を聞く姿勢や自分の気持ちや本音を伝える力、会話を広げたり掘り下げたりする力、わかりやすく伝える力。

面白く話そうとしなくていいので、これらを意識するだけで、会話もぐっと深くなりますよ。

磨いて魅力をあげれば、彼も見る目が変わるかも

正直「この人!」とならないと男性も本気で付き合おうとは思いません。

意中の彼の本命になれるよう、自分を磨いて魅力を高めましょう。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)