男女の名前の画数別で、結婚相性が悪く、結婚したらケンカばかりするようなカップルをランキング形式で占います。

「姓」の最後の漢字の画数と「名」の最初の漢字の画数を合計した数の、一の位から判断します。

一の位は、1、2…9、0の10種類。

この数からは、自立心が芽生え、自分の意志で人生を歩んでいる時期に起きることを占うことができますので、結婚を占うのに適しているのです。

10位から1位の順での発表です。

例:鈴木花子

木→4画、花→7画 4+7=11 → 一の位が1の人

10位 一の位が1の女性×一の位が5の男性…圧迫感を感じる

頑固で融通のきかない5の男性に対して、1の女性の不平不満がたまりがち。

あまり文句を言ってもな、と妻は思って黙り込み、夫も無口で応戦します。

圧迫感を感じる結婚生活になりそうです。

家庭生活にばかり目を向けず、外に向かってストレス発散しましょう。

9位 一の位が1の女性×一の位が9の男性…帰宅拒否の夫

1の女性は、9の男性に対して必要以上に気をつかいがちになります。

夫には尽くしたいのですが、それが彼にはうっとうしいのでしょう。

必死にサービスをしても喜ばれず、めんどくさいと帰宅拒否に。

ときにはかまわないことも、結婚生活を持続させる知恵です。

8位 一の位が0の女性×一の位が6の男性…話が食い違う

共同作業の多い結婚生活。

意見を合わせようと努力はするのですが、話しているうちにちょっとずつ食い違ってきて、最後はため息で終わりそう。

融通がきかないなとお互い思い、相手のせいにしがちです。

不平不満を抱きやすく、そのうち話すこともしなくなります。

7位 一の位が7の女性×一の位が1の男性…空気の悪い毎日

7の女性はかたくなになりやすいところがあり、そんな考え方が柔軟な1の男性をイライラさせることになりそうです。

少しひっかかることがあると夫に逆らったり、素直にならなかったりして、空気の悪い毎日。

感情的にうまくいかないもの。

相手の話を聞く柔軟さを持ちましょう。

6位 一の位が9の女性×一の位が0の男性…相手に無関心に

似た者同士なので、結婚当初は意気投合しますが、だんだんと相手に無関心になってしまうかも。

義務は果たすものの実りがなく、気苦労の多い結婚生活になるでしょう。

ケンカをするのも面倒で、同居生活のようになりがち。

外で相手の悪口を言うなんてことも…。

5位 一の位が2の女性×一の位が7の男性…夫に疲れてくる

2の女性は幸せな家庭を目指しがんばりますが、7の男性は自分の意見を主張するばかりで、妻の考えを認めようとしないでしょう。

仕事はデキても自分のことばかり優先する夫に、何を言うのも疲れてくるかも。

束縛もあるので、第三者に相談してみるのがいいですね。

4位 一の位が3の女性×一の位が8の男性…夫にケンカをふっかける

3の女性が8の男性につっかかるという関係性。

結婚生活でも同じで、妻がケンカを夫にふっかけるでしょう。

しかし、妻の気持ちがちょっとすっきりするだけで、なんの解決にもならないかも。

夫は当然、疲弊してきますよね。

外のうっぷんを家庭に持ち込まないことが大切です。

3位 一の位が9の女性×一の位が3の男性…考え方が違いすぎる

お互いの性格や考え方が、あまりにも違いすぎるふたり。

日常の食材を選ぶのでも、ふたりで選ぶのはいつも違うもの、という具合です。

自分の思いどおりにならないことが多すぎたら、結婚生活に期待はできないもの。

交際中に相手を見極めることが大切です。

2位 一の位が8の女性×一の位が3の男性…大ゲンカの夫婦

明るくて人付き合いのいい3の男性ですが、8の女性からみると派手で気性の激しい男。

そこに惚れたものの、毎日接していると、ムカムカするかも。

妻の態度はだんだんイヤミっぽくなり、火に油を注ぐことになって大ゲンカに。結婚前の熟慮が大切です。

1位 一の位が0の女性×一の位が4の男性…共通項があまりにも少ない

このふたりの性格は正反対。

日常の細かいこといちいちに意見が合わず、ケンカが絶えなくなりそうです。

結婚前は、お互い自分にないものを持っている相手に惹かれるのですが、結婚後に、共通項があまりにも少ないことに気づくでしょう。

さいごに

好きで結婚したはずなのに、結婚したらケンカばかり。

ケンカするだけマシ、なんて夫婦も存在します。

どうしても相性が悪いということもありますが、縁あって一緒になったふたりです。

生涯かけて悪い相性を丸くし、愛し合う運命にするのも、人生のひとつの選択かもしれません。

(紅伊珊瑚/占い師)

(愛カツ編集部)