出会った瞬間から、なんだか気になる。

知り合ったばかりなのに、ずっと昔から知っていた…?

そんな不思議な気持ちになったことはありませんか。

今回は前世から結ばれた「運命の恋人」になる男女カップルを、ランキング形式で占ってみました。

10位から1位の順での発表です。

10位 かに座(6/22~7/22)女性×さそり座(10/24~11/21)男性…偶然の一致が起こる

お互いに遠慮し合って打ち解けるまでは時間がかかるふたりですが、一緒にいる時間が長くなるほど、不思議な連帯感を持つようになるでしょう。

また、偶然の一致などの不思議な出来事も多く起こるかも。

前世からの結びつきがあると実感する縁があるのです。

9位 やぎ座(12/22~1/19)女性×うお座(2/19~3/20)男性…前世では親子や兄弟

やぎ座女性は、心の奥にある情熱を表現することが苦手。

でもうお座男性のロマンチックさに影響されて、次第に感情を出すようになるでしょう。

また、ちょっと甘えてくるうお座男性に、やぎ座女性は頼られて嬉しいと感じることも。

もしかして、前世では親子や兄弟だったのかも。

8位 ふたご座(5/21~6/21)女性×しし座(7/23~8/22)男性…違和感がない

好奇心旺盛なふたりです。

話し好きなふたご座女性は、しし座男性の裏表がないまっすぐさに居心地のよさを感じるでしょう。

冒険をしがちなふたご座女性を、しし座男性は面白がって共に行動するかも。

一緒にいて違和感がないのは、前世からのつながりがあるからなのでしょう。

7位 みずがめ座(1/20~2/18)女性×いて座(11/22~12/21)男性…共通点が多い

自由気ままで好奇心旺盛なみずがめ座女性に対して、情報を集めて行動するいて座男性。

束縛を嫌い、さまざまな世界を見聞きして快活に行動するふたりには共通点も多く、前世からの結びつきが感じられるでしょう。

一緒にいると、親友のような居心地の良さを感じるふたりなのです。

6位 さそり座(10/24~11/21)女性×やぎ座(12/22~1/19)男性…人生に対して真摯

内に秘めた情熱をなかなか表に出さない組み合わせですが、心配はいりません。

さそり座女性の一途さにやぎ座男性は安心しますし、やぎ座男性の堅実さにさそり座女性は信頼を寄せるのです。

人生に対する真摯な姿勢という共通点は、前世からの深いつながりがあるからと言えます。

5位 てんびん座(9/23~10/23)女性×みずがめ座(1/20~2/18)男性…自分らしく行動できる

価値観が似ているだけでなく、一緒にいると、お互いを刺激して高め合う関係性が作れる組み合わせです。

特に周囲の視線を気にするてんびん座女性は、彼となら自由にのびのびと活動できるかも。

前世からの深いつながりがあるからこそ、一緒にいると自分らしく行動できると言えるでしょう。

4位 しし座(7/23~8/22)女性×おひつじ座(3/21~4/19)男性…意気投合しやすい

しし座女性は追いかけられるのが好み。

ただ、ウジウジされるのは苦手です。

おひつじ座男性は情熱的でまっすぐに気持ちを伝えるので、彼の行動にストレスを感じないはず。

お互いに行動的で意気投合しやすい点や、夢に向かって行動したときに応援し合えるのは、前世からの縁があるからでしょう。

3位 おとめ座(8/23~9/22)女性×かに座(6/22~7/22)男性…安心できる

繊細で、他人に対してつい身構えてしまうおとめ座女性に対して、かに座男性は、かいがいしく世話をして尽くします。

一緒にいると不安が消えて、心から安心できるはず。

また、かに座男性も、相手の立場を考えて行動するおとめ座女性に信頼を向ける可能性も。

前世から深いつながりを感じるでしょう。

2位 おうし座(4/20~5/20)女性×やぎ座(12/22~1/19)男性…現実的に、合う

共に安心安定を求める組み合わせですが、実はやぎ座男性は、心の奥に野心を隠し持っています。

おうし座女性は、やぎ座男性が無謀な冒険はしないことを理解して応援するでしょう。

現実的にも精神的にも強い絆を育めるのは、前世のつながりがあるからこそと言えますね。

1位 うお座(2/19~3/20)女性×さそり座(10/24~11/21)男性…以心伝心のふたり

うお座女性は、ちょっとしたことで不安を感じやすく、またさそり座男性は、気持ちを表に出すのが苦手。

運命の恋人にはなりにくいと感じるかもしれません。

そのため感覚が優れている同士で、目と目が合えば気持ちが伝わるところがあります。

まさに以心伝心なのは、前世のつながりがあるからでしょう。

さいごに

前世からの結びつきを知るには、出生図(ホロスコープ)を出して、お互いの太陽の位置や金星や火星といった惑星の位置などを知る必要がありますが、今回はわかりやすいように太陽星座だけで占ってみました。

気になる相手がいるときに、参考にしてくださいね。

(マーリン・瑠菜/占い師)

(愛カツ編集部)