何度もデートを重ねているのに、一向に彼からの告白がない……。

友達以上恋人未満の関係が続くと、段々もどかしく感じてしまいますよね。

早く付き合いたい反面、「相手が本気か遊びか」が気になることも……。

そこで今回は、「彼の本命」かどうか、見極めるための4つの方法をご紹介!

複雑な気持ちを乗り越えるための「ヒント」にしてみましょう。

「彼の本命」か見極める4つの方法!

デート代の支払いは?

デート代はどちらが多く支払っていますか?

「奢り」か「割り勘」かで、彼の本気度を見分けることが可能。

男性は「好きな女性にカッコいいと思われたい」と考え、本命女子にデート代を奢る傾向があるよう。

好きな人と楽しい時間を過ごせるだけで、お金以上の価値が感じられるのです。

もし割り勘の場合、「奢るほど好きではない」という背景が読み取れるでしょう。

割り勘する男性の全てが脈ナシではありませんが、奢る場合は脈アリの可能性が高めです。

送り迎えしてくれる?

本命女子には「無事に帰ってほしいから送り迎えしたい」と感じるもの。

車の場合は家の前まで、歩きの場合は最寄り駅まで送るなどの、何かしらの配慮があります。

また、「ちゃんと帰れた?」と確認の連絡も入れてくれるでしょう。

もし終電ギリギリに解散したり、オールしようとしたりするなら、本気度が低いサインといえます。

ここでOKすると「遊び相手」として認識されるリスクがあるため危険。

真面目な恋愛を望むなら、適度なラインで断った方がベターです。

「この女性は遊ぶつもりがない」と分かれば、諦めるか本気になるか、どちらかの変化が生まれるでしょう。

男性を追わせるためにも、思いどおりになりすぎないことが大切です。

誰よりも優先してくれる?

本命女子であれば、優先順位が高くなります。

・忙しくても時間を空けてくれる
・ドタキャンされることはない
・マメにLINEや電話をしてくれる
・一日中デートしてくれる

こうした「どれくらい時間を費やしてくれているか」も、本命かどうか見極めるチェックポイント。

優先順位が低いと、女性は「大切にされていない感覚」を味わい、フラストレーションを抱える一方です。

「彼に大切にされている実感が湧かない」「いつも限られた夜の時間にしか会ってくれなくて不安」……このように感じるなら、そもそも彼の本気度が低いのかもしれません。

優先順位が低いまま「無理に告白」して付き合えば、いつまでも満たされない辛い恋愛になってしまいます。

「本命じゃなさそう」と思ったら、自分自身のためにも追いかけすぎないようにしましょう。

告白を催促した時の反応は?

何度もデートを重ねたのに告白がない場合、様々な理由が考えられるでしょう。

「奥手で告白できない」「奥さんや恋人がいる」など、真逆のケースもあり得るのです。

後者のケースだったらとてもショックですよね。

どちらなのか見極めるためには、「告白を催促」してみましょう。

奥手なだけなら「誠意を見せよう」と思って、頑張って告白をしてくれるはず。

逆に後者の場合は、後ろめたさから「誤魔化すような素振り」が目立ちます。

恥ずかしがりな男性への後押しにもなるため、女性から告白を促すのはアリ。

ですがこの時、女性から告白までする必要はありません。

「私の事どう思ってるのかな?」「彼女欲しかったりしないの?」など、彼の心を揺さぶるアプローチが効果的といえます。

本命かも?と感じたら

片思いの気持ちが膨らむほど「本命であってほしい」と感じて、上手に判断ができなくなります。

もし今回ご紹介した項目を見て「本命じゃなさそう」と思ったなら、関わり方を変えたり、他の大切にしてくれる男性を見つけたりするのも一つの手です。

また、「本命かもしれない」と感じたなら、女性側からも好きサインを出して、彼にアピールしてみましょう。

きっかけさえ生まれれば、一気に進展するかもしれませんよ。

(岡あい/ライター)

(愛カツ編集部)