あなたの周りにハイスペックな“いい男”はいるでしょうか?周りの女子から、「彼氏にしたい!」と大人気な彼。でも、そんな彼にも実は“裏の顔”が潜んでいるかもしれません……。

そこで今回は、将来安泰に見えるけど、付き合ったら後悔するハイスぺ男子の特徴についてご紹介します。

将来安泰に見えるけど…付き合ったら後悔するハイスぺ男子の特徴

一見職人気質に見えて、実はニート予備軍男子

一見職人気質に見えるハイスぺ男子は、実はニート予備軍になりがち。

彼は、ひとつのことに集中すると、とことんそれしか目に入らなくなるタイプ。集中が度を越すと、やがて昼夜逆転の生活を送るようになり、家に引きこもるようになってしまうかも……。

こうした状態が長く続けば続くほど、自力での社会復帰が難しくなってしまうでしょう。

あなたとの生活に依存する、いわゆる“ニート”や“ヒモ”になってしまいます。

一見がんばり屋に見えて、突然やる気を失う燃え尽き症候群男子

仕事に一生懸命で、エリート街道を進むハイスペ男子の彼。もしかしたら、ある日突然やる気を失ってしまうタイプかもしれません……。

これは、“燃え尽き症候群”と呼ばれるもの。目標に向かってひたすら努力した人が、目標を達成した後に急にやる気がなくなってしまう現象です。

こうなってしまうと、「仕事なんてどうでもいい」「人と関わりたくない」と思うようになり、休職や退職につながるケースもあります。

このタイプの男性と付き合うと、金銭的な問題に悩まされることが多くなるでしょう。

一見一途に見えて、あなたがいないとダメな依存症男子

一見一途に見えて、あなたがいないとダメな依存症男子

一途に愛してくれる男子は、女子からすればそれだけでハイスぺですよね。

ですが、このタイプの男性は依存症になりやすい傾向があるのです。

あなただけを一途に愛してくれるのはいいのですが、見方を変えれば、彼はあなたに“のめり込んでいる”ということ。

これがエスカレートしてしまうと、彼はあなたがいないと生きていけない“依存症男子”になってしまうのです。

“依存症男子”は、ある特定の刺激や快楽にハマると、それを強く求めます。アルコール依存症や恋愛依存症など、いろいろな依存症があるので要注意です。

一見男らしいけど女性に手を上げるDV男子

男らしいハイスぺ男子とDV男子は、実は紙一重。

DV男子の厄介なところは、“DVサイクル”に陥ってしまうこと。

DVサイクルとは、怒りが爆発し暴力をふるう“暴力爆発期”、暴力をふるったことを謝罪し優しくなる“ハネムーン期”、そしてイライラやストレスが高まる“緊張の蓄積期”の3つを繰り返す、負のスパイラルです。

さらに女性側が、“DVを我慢して関係を維持する”ことに自分の生きる目的を見出すようになると、“共依存”状態に……。負のスパイラルを抜け出すのがますます困難になってしまいます。

愛情とDVを一緒くたにしてはいけません。DV男子は早めに見抜く必要があります。

おわりに

一見ハイスペに見える“いい男”には要注意です。付き合ってからわかる彼の“裏の顔”に、苦労させられてしまうかも。

しかも、こうしたダメ男の場合、別れるのに苦労するケースが多いのです。大切なのは、初めから“ダメ男”を見抜く目を持つこと。

今回ご紹介した内容を踏まえて、恋人候補の男性を探してみてくださいね。

(脇田尚揮/占い・心理テストクリエーター)

(愛カツ編集部)