好きな人ができても、いつも片想いで終わってしまう……。

積極的にアピールしたくても、あまりやりすぎると、嫌われたり、ウザがられたりしないか心配。

でも、積極的な子がうまくいっているのを見ると、「羨ましい!」と思いますよね。

実は彼氏が絶えない子は、ターゲットを決めたら、「好き好きアピール」をたくさんしているのかもしれません。

好きな人に可愛くアプローチして、恋愛勝者になりましょう。

積極的すぎるくらいでもいい!?恋愛で勝つために必要なアプローチ

1:好きな人のいいところを本人に伝えまくる

「モテるためには、褒めよう」なんてこともよく言われていますが、手当たり次第、誰にでも褒めていると、「どうせリップサービスだろ」と思われてしまうことも……。

特に、本命にそんなこと思われたらショックですよね。

なので、好きな人がいたら、「その人にだけ」いいところを伝えてください。

ちょっと照れ臭いかもしれませんが、きちんと目を見ながら、「頑張り屋さんなところがいいよね」「やっぱり笑顔が素敵!」など、いいと思ったところがあったら、たくさん伝えましょう。

「そこまで言ったらバレちゃうよー」と思うかもしれませんが、バレるくらいがわかりやすくていいこともあるんです。

2:嫉妬を可愛く表現する

次のアプローチ方法は、嫉妬を表現することです。

本命くんが、女の子の話をしだしたら、「えーなんでその子の話しになるの?」「ちょっぴりヤキモチ〜」と、可愛く言ってみてください。

あくまでもポイントは、その場で可愛く言うことです。

後から、「あの時の話し嫉妬したんだけど」と言ってしまうと、人によっては、「そんな前のこと言われても、ちょっと怖いわ」と逆効果になってしまうことも……。

嫉妬もマイナスではなく、可愛く使うことで恋愛には有利に働きますよ。

3:遠回しに好きなことを何度か伝えてみる

3:遠回しに好きなことを何度か伝えてみる

もう、「好き」ということを伝えてみましょう。

ただし、遠回しに伝えてみてください。

直接的な表現だとリアルな告白になって、相手も「はっきりさせないと」と、ちょっと重いモードに入ってしまいます。

例えば、「やっぱり私は〇〇くんがいいな!」とか、「ここ最近会えてなかったから寂しかったんだよー」と冗談っぽく。

でも明らかに、「好きってことじゃん!」と伝わってしまうことを言ってみてください。

そこで、相手が嬉しそうなら手応えありだし、向こうから告白してくる可能性も……。

決め手は男子に任せて、それまでは女子が積極的に行くのもありですよ。

万が一、相手の反応が悪くて困ってしまったらショックですが、まだ告白する前にわかって、ダメージも少ないですよね。

一か八か、積極的にアプローチしてみて

好きな人に嫌われたくないから、無難な会話や反応しかできないようだと、これからも発展せずに後悔してしまうかもしれません。

積極的なあなたの反応を見て、「この子、俺のこと好きなのか?」と、意識しだす男子もいるはず……。

なので、ずっと発展もなさそうなら、一か八かで積極的に動いてみてください。

どうしても怖い人は、まずは積極的にアプローチしている女子に、相談してみるのもありかもしれませんね。

(ライター/麻生アサ)

(愛カツ編集部)