相手に勘付かれたくから、気持ちをできるだけ隠したい。でも、やはり自分が気になっている女子に対しては、他の人との接し方と違ってしまうのは隠しきれません。

会話の中のちょっとしたポイントに、男子がその女子に対して抱いている好意が透けて見えます。

もし、あなたがその気持ちに気付いて、さらにその相手のことが好きであれば、すぐに恋に結びつくかもしれませんね。

今日は、男子がどうしても隠すことができない、気になる女子への会話に現れる好意についてお伝えします。

男性が「本命女子」についしてしまう態度

LINEのやりとりが女性側でおわる

「好きな子とLINEしているときは、切りたくないですよね。だから自分が最後にならないようにする」(30歳・外食)

「自分のメッセージへの返信が返ってこないと切ないから、相手で終わるようにする」(27歳・運輸)

これも幼稚っぽいですが、自分のメッセージで終わってしまうと、相手から返ってこないときにショック。

そのショックを受けたくないから、相手のメッセージで会話を終わりにする。女子も同じことを考えていたなら、お互い探り合いになってしまうことも……。

恋愛遍歴を聞いてくる

「どういう男と過去に付き合っていたのかはかなり気になる」(30歳・地方公務員)

「自分と似たようなタイプが好みだと嬉しい反面かなり微妙。知ってどうにかなるわけではないけれど、知りたくなる」(26歳・サービス業)

相手を異性として意識した瞬間、相手がどういう男子がタイプか。そして、過去にどういう男性経験をしてきたのかがかなり気になります。

たいていの男性は、それを知りたがりますが、一部の恋愛強者は全く気にしないこともあるでしょう。

お説教をしてしまう

「ついつい、自己PRをしたくなる反面、どう接していいかわからずに不機嫌になっちゃう」(33歳・土木)

「本当はデレデレなんだけれど、それを悟られたくないし、自分を上に見せるために相手の子に上から目線で話をしちゃう。あとで自己嫌悪」(28歳・IT)

これは女性経験が少ない、女性に接したことがない男性によくある傾向。本当は仲良くしたいのに、説教をしてしまう。

上から目線になってしまう。自分でもどうしたらいいか分からない気持ちの行き所が、あろうことか好きな人本人への攻撃に向いてしまうのです。

子どもっぽい、と言えばそこまでなのですが。

SNSでリアクションしてくる

SNSで絡んでくる

「気になっている子がインスタとかFacebookで書き込んでると、どうしてもいいねをつけちゃうよね」(25歳・IT)

「コメントを書こうか書かまいか、LINEを送ろうか送らまいか、結構悩む」(28歳・コンサル)

気になっている人の投稿には、やっぱり反応したくなるもの。

でも、毎回「いいね」するのもウザいし、毎日LINEを送るわけにもいかないし。そこに男子の知られざる葛藤があるのです。

コメントやメッセージは重いですが、「いいね」くらいなら気軽にできるので、知らないうちに彼女のタイムラインに全部「いいね」してるなんてことも。

彼らの本命サインを見逃さないで!

まあ、こんなこともあるようです。信じられないこともあったかもしれませんが、恋する男子には多かれ少なかれこういった傾向があるもの。

こういったサインを見つけたら、「あれ、この人、私に気がある?」と思っていいでしょう。その人にあなたも興味があれば……とてもいいですね!

(愛カツ編集部)