彼氏とケンカをしたとき、素直に謝れればいいのですが、ついつい言い過ぎてしまうことってありますよね。

その場の勢いで感情をぶつけると、彼氏との関係が終わってしまうなんてことも……。

自分の気持ちを伝えることは大切。でも言ってはいけない言葉があることは、知っておいたほうがいいでしょう。

今回は、彼氏とケンカをしたときに“言ってはいけない言葉”を5パターンご紹介します。

彼氏の気持ちが冷める瞬間とは?ケンカ中に「言ってはいけないセリフ」5パターン

「私のこと、どう思ってる?」

この言葉を言われると、気持ちが冷めてしまう男性もいるようです。

彼との関係に不安を抱き、将来の保証を得るためにこのような発言をしてしまいますよね。
でもこの言葉は、男性に「束縛されている」という印象を抱かせるかも。

多くの男性は自分から女性を追いかけることを好む傾向にあるので、嫌がって逃げ腰になってしまうことも…。

たとえ彼があなたを大切に思っていても、ケンカ中だと答えにくい場合もあるはず。

つい言いたくなるときもあるかもしれませんが、心の声だけに留めておきましょうね。

「なんで約束が守れないの?」

彼が約束を守れなかったとき、あなたが「なんで約束が守れないの?」と言う。すると彼が「仕事が忙しかったんだよ」と言う……などと、売り言葉に買い言葉になることもあるかもしれません。

確かに自己主張をすることは大切。

でもイライラした口調で気持ちを伝えると、品のない女性に見えてしまう可能性もあります。

ケンカせずに穏やかな気持ちでいたいなら、「約束を守ってくれなかったから心配になったよ」と素直に自己主張したほうがいいでしょう。

「私の気持ち、察してよ!」

「私の気持ち、察してよ!」

彼があなたを受け入れてくれないと感じたときに、このような言葉を言ってしまう女性が多いです。

ケンカをすると、エネルギーをたくさん使ったのに、「そもそもの始まりがなんだったのか分からなくなってしまう」ことってありませんか?

これは、お互いが感情の押し付け合いをしてしまっているため。

こうしてほしいのにしてくれない、と感情をぶつけると、男性は責められていると感じてしまうかも。

ケンカを大きくしてしまう言葉でもあるので、言わないようにしましょう。

「あなたのせいよ!」

ケンカをしていると冷静な判断ができなり、勢いに任せて彼のせいにしたくなることがあります。

でも負けを認めるような気がして、謝ることに抵抗を感じる男性は少なくないもの。

「謝ってよ!」と怒りモードになって彼を謝らせようとしても、かえって彼の怒りを助長させてしまうかも。

ケンカは10:0でどちらか一方だけが悪い場合が多くないはずです。彼だけのせいにするような発言は控えましょう。

「昔はもっと優しかったのに、最近なんだか冷たくない?」

「もっと愛情を態度で示してね!」と願いを込めて、このような言葉を投げかける女性も多いはず。

でも昔と今を比較されると、「なんで、昔の話をするんだ?」と感じてイラッとする男性もいるでしょう。

気にしていないように見えても、プライドを傷つけられて気分を害しているかもしれません。

自分が言われて傷つくようなことは言わないように心がけましょう。

おわりに

ケンカ中は、つい言い過ぎてしまうこともありますよね。

イライラした勢いで言った何気ない発言が、彼を怒らせたり傷つけてしまうこともあるのです。

ぜひ今回ご紹介した言葉を参考に、彼に対する思いやりを忘れないでくださいね。

(阿部田美帆/ライター)

(愛カツ編集部)