初デートは誰だって緊張してしまうもの。

自分らしさを出せなかったり、気を使いすぎてしまったりして、相手にいい印象を与えられないことが多いですよね。

そこで今回は、自分らしさを出すために、初デートで緊張をほぐす方法をご紹介します。

デートで失敗したくない!初デートの緊張をほぐして自分を出す方法

照明のくらいお店

「私の場合は、人に見られていると視線を気にして緊張してしまうことがあるんです。特に初対面の人とか、仲良くない人の視線には敏感。なので、初デートでは照明の暗い店を選ぶようにしています」(Kさん・27歳女性/会社員)

相手の表情を見づらいという部分はありますが、逆にそれが緊張しないようにもしてくれます。

静かなお店だと緊張するという人は少しにぎやかなお店を選ぶようにするといいかもしれません。

「暗いお店が良い」というと少し印象が悪くなるので、自分から「ここに行こう」と提案するか、「店内が明るいお店だと緊張するから雰囲気のいいお店がいい」というといいかもしれません。

座る位置を工夫する

「真正面に座るのって緊張します。身構えるというか、顔をあげたら目の前にいるので、お互いに顔の隅々まで見えちゃうじゃないですか。だから、斜め向かいくらいが丁度いいかなって思います」(Eさん・26歳女性/会社員)

真正面に座ると、相手に圧迫感を与えてしまったり、警戒心を抱かせてしまうことがあります。

そのため、斜め向かい側に座ったり、カウンターで真横に座るような位置関係がいいでしょう。

2人しか座れないお店は避けて、広々と座れるお店をチョイスしましょう。

散歩デート

初デートで緊張しないコツは?

「知り合いの男性と初デートで公園をお散歩してきたんです。これが結構いい感じで、お互いに同じ方向を向いて歩いているから、会話が途切れても気まずくならないんですよ」(Wさん・27歳女性/公務員)

初デートはレストランで食事をすることが多いかもしれませんが、お散歩もおすすめ。

歩いているので、血行がよくなってリラックスできますし、同じ方向を向いているので、顔を見られて話すというシチュエーションからも開放されます。

食事に行く時に、公園を通り抜けるようなコースを選ぶといいかもしれません。

共通の話題を増やしておく

「話題がなくて沈黙するのが一番気まずい。だから、デート前に共通の話題を増やしておきます。LINEのやり取りで何に興味があるかを予めチェックして、それについて少し調べておくと会話が途切れた時に“そう言えば”って会話を始められる」(Hさん・29歳女性/会社員)

会話のネタを男性任せにしていると、沈黙が落ちたときに気まずいことに。

デートでは共通の話題を見つけてそれについて盛り上がるのが理想的ですが、なかなかその共通点が見つけられないこともあります。

そのため、予め調べておいて、「あれが好きって言ってましたよね。なので、ちょっと調べてみたんです」といった感じで、相手の興味のある話題を振ることができると好印象に。

自分がどんなことに緊張するのかを知る

初デートでは緊張してしまうことが多いもの。うまく会話を続けることができなくて、気まずい時間を過ごすのは嫌ですよね。

まずは自分がどんなことに緊張するのかを知ることが大事。それに合わせてお店選びを工夫したり、デートの仕方を変えてみるといいかもしれません。

(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)