恋する男性は意外とデリケート。

たとえ相手のことが好きでも、それを悟られた後の結果が不安になって、脈アリを隠すことがあります。

男性がどんなときに傷つくか、どんな結果を避けたがるかを把握しておけば、告白しやすい女性になれるかも!

そこで今回は。脈アリを隠す男性の心理にせまります。

男性も傷つきたくない! 脈アリを隠す「男性の心理」にせまる

他の男とくらべられたくない

女性にも「くらべられるより私だけを見てほしい!」という気持ちがあるかもしれませんが、男性が心配しているのは“他の男より下にランク付けされてしまうこと”。

恋愛対象かどうかは、白か黒かのようなもので、ランキングではないのはみんな同じ。

しかし、中には「相手の女性にとって上位○位までの男が、恋愛対象になる」と思うひとも……。そのため、他の男とくらべられるのを避けようと、脈アリを隠すのでしょう。

他の男とくらべているわけでなく、あなたにとって彼がオンリーワンの存在であることを伝えましょう。そうすれば相手も安心して、自分の気持ちを見せてくれるかも。

会話中は、“他の男”の話は一切出さず、相手のことを知ろうと意識するのが大切です。

必死にそうみ見えるとカッコ悪い

男性は“必死になっている=カッコ悪い”と考えがち。

必死になっているのは、余裕がないということ。 すると、その余裕のなさを、自分の能力が低いことのように思ってしまうのでしょう。

恋愛でいえば、恋愛経験のなさや、テクニックの乏しさが露呈してしまうため、好きな場合でも、余裕のあるふりをしたがるというわけ。

あまり嬉しくなさそうだったり、褒めても「それくらい普通」なんていう反応が見えたりしたら、逆にあなたを意識している証拠かもしれません。

勘違いしてると思われたくない

脈アリな人と、一緒にいる機会が多いと、自分に好意をもっているのかな……なんて考えるのは、みんな同じ。

だからこそ男性は、相手の女性が好意を持っていないときの保険をかけて、脈アリを隠したがりがち。

「一緒にいることが多いから、私が惚れていると思った? ゴメン、そんなつもりじゃなかったの」と言われたら、プライドが傷ついてしまうもの。

「一緒にいると楽しいから」「隣にいるとなんだか安心するから」といった感じで、理由を添えて彼と同じ時間を過ごせば、安心して仲良くなれるでしょう。

おわりに

ちょっと理解しがたい男性心理もあったかもしれません。多くの男性は、いつもでも“かっこいい男”でいたいと思うはず。

でもその感情が、スムーズな恋愛を邪魔することは少なくありません。筆者も、これを経験してきたひとりです(笑)

そのため、女性が弱いところや優しさを見せて、素直になりやすい環境を作ると男性も助かるかも。

お互いが素直に自身をさらけだせたら、きっとその後のお付き合いも、長続きしやすいのではないでしょうか?

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)