恋愛関係を育むには、まずは異性とふたりで出かける関係になることが大切です。

でも、ふたりで会うという関係になるまでが難しいもの。

そこで今回は、気になる男性とふたりで出かける関係になるコツをご紹介! 単なる友達からデートできる関係にステップアップしてみませんか?

まずはデートを! ふたりで出かける関係になるコツ

共通の話題をつくる

ふたりで出かける関係を築くには、まずは共通の話題を見つけることが大切です。

たとえば、焼き肉が好き、映画が好きなど些細なことでも大丈夫。

共通の話題が見つかることで、会話が弾み、親近感も生まれやすくなるはず。「今度一緒に行こうよ」など、一緒に出かけるきっかけにもなることもあります。

共通の話題が見つからないなら、もっと彼のことを知っておきましょう。

あえて共通の話題をつくることで、「あの話題なら、あの子と合うかも!」と彼に思ってもらう効果が期待できるでしょう。

単なる友達から1歩進展するきっかけになりますよ

友達と口裏合わせ

ふたりきりで会うお誘いが難しければ、友達に協力してもらってもいいかも。

まずは彼に「〇〇ちゃんと3人で行こうよ」と、複数で会うことを打診します。

ふたりきりのお誘いじゃないので、彼も気楽に受け止められ、前向きな返事をもらえそうです。

最初のきっかけはどうであれ、今後もふたりきりで会いやすくなるでしょう。

デートスポットを話題に出す

水族館や映画、美術館などグループで行かなさそうなデートスポットを敢えて話題に出すのも、ふたりで出かける関係をつくるコツです。

「○月まで、イベントがあるみたいなの」「気分転換したいから!」など、出かけたい理由を添えて誘うと、彼も承諾しやすくなるはず。

デートスポットを話題にすることで、自然と「ふたりで行く」という前提が生まれますし、スムーズな流れでデートの機会を作れるでしょう。

頼る&教えて攻撃

頼る&教えて攻撃

男性は女性から頼られたり、尊敬されたりすると嬉しいもの。

だからこそ、彼に頼ったり教わったりする機会をつくるのも、ふたりで会うきっかけづくりになるでしょう。

たとえば、家電を買うのに付き合ってもらう、勉強や仕事を教えてもらうなど、彼を頼る口実はたくさんあるはず。

彼の趣味や得意なことを口実にするのがポイントです。

自分の得意分野を頼られて嬉しくない男性はいないはずですし、ふたりで会う目的がはっきりするので、“ふたりきり”を意識し過ぎることなくふたりで会うことができますよ。

おわりに

「ふたりきりで会う」と意識し過ぎると、とまどいや緊張感で、ふたりの関係が進展しないこともあります。

ふたりきりでも出かけやすくなりたいなら、会う目的を明確にしたりきっかけをつくったりなど、ふたりで会うことを意識しすぎないことが大切です。

今回紹介したコツで、気になる男性との距離を縮めていってくださいね。

(白藤 やよ/ライター)

(愛カツ編集部)