付き合っていて「彼に飽きられちゃったかな……」と、不安になったことはありませんか?

彼からの連絡頻度が減ったり、デートの回数が少なくなってくると、つい不安に駆られてしまうことってありますよね。

かといって、彼を変に問いただしても「面倒くさい女」と思われてしまいそうでイヤ……と、ひとり悩んでしまっている女子も少なくないはず。

今回はそんな女子に向けて、彼の愛情をコッソリとたしかめる方法についてまとめてみました。

彼の愛情をこっそりとたしかめる3つの方法

1、あなたの両親と会ってくれる

よく女性をセカンドとして考えている男性は、彼女の両親に会いたがらない傾向にあります。

反対に真剣に彼女と付き合っている男性ほど、彼女の両親に会うことに抵抗はないもの。

もし、お互いに結婚を意識した付き合いをしているなら、それとなく「両親に会ってみない……?」と話題を振ってみてはいかがでしょうか。

彼が少しでも「緊張してお腹痛くなってきた……」「でも、いつかは挨拶しなきゃと思っているよ」と前向きな返事をしてくれるなら、彼は真剣にあなたを思ってくれているでしょう。

交際期間が長いにもかかわらず、彼が一向に結婚の話を出さない場合も、チラッと聞いてみると彼が意外な本音が垣間見えるかもしれません。

2、悩みを相談すると真剣に聞いてくれる

「彼の力になってあげたい」と、思ったことはありませんか?

恋をしていれば、誰でも相手のために尽くしたいと思いますよね。

たとえば、仕事でミスをしてしまったとき、風邪で寝込んでしまったとき。

相手に何かあったら「助けてあげたい!」と思うのが本当の愛情です。

もし、彼と付き合っていて不安になることがあったなら、自分が困っているときの彼の反応を観察してみましょう。

彼が真剣に仕事の悩みを聞いてくれたり、体を優しく労わってくれるようなら、彼は本当にあなたのことを大事にしている可能性が高いはず。

ただし、なかには仕事が忙しくてすぐに相談に乗ってあげられなかったり、そっけない態度を取られてしまうこともあるかもしれません。

だからといって愛情が薄れた、と結論を急がないで。

必ずしも「優しい態度=愛情がある」とは言えないので、彼の性格をよく理解したうえで行動を観察することが大切ですよ。

3、あなたを気遣ってくれる

優しく配慮してくれる姿勢が見える

仲のいいカップルは切磋琢磨しながら、2人の仲を深めていることが多いものです。

切磋琢磨できるということは異性としてではなく、ひとりの人間として「こんなところがすごい」「だから私も見習わなくちゃ!」と、尊敬できるところがあります。

こうした気持ちが根底にある関係は、デートをしていても相手を立てたり、気遣う姿勢が必ず見られます。

デートの行き先を組んで決めてくれたり、外食中に「これ、好きだろ?」とおかずを分けてくれたり……。

一見当たり前に思える気遣いも、相手の愛情があってこそです。

彼が配慮してくれる姿勢を当たり前に感じず、きちんと口に出して感謝することで、2人の関係は少しずつ特別なものになっていくはずです。

彼の愛情をチェックしてみよう

いろいろなパターンを紹介しました。

でも、彼との付き合いに不安を感じたときは、愛情をたしかめるよりも2人の関係を充実させることが先決です。

これらのポイントで2人の心が離れていないか確認しながら、ぜひ彼と信頼関係をもっと築けるようにしてくださいね。

(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)