好きな男性が疲れていたら、癒してあげたい、できるだけ甘やかしてあげたい……と思うはず。

でも、可愛げのある行動をとるのが苦手という女性は少なくありません。

そこで今回は、疲れている男性を癒すLINEのコツをご紹介します。

日常的に使うLINEで彼の心を癒やしてあげましょう。 そうすれば、彼にとって居心地のよい女性になれるはず。

疲れている男性をキュンとさせる「癒しLINE」4つ

頑張りを認めるLINE

「お疲れ様」と労いの言葉をかけることはもちろん大切ですが、「大変だったでしょ」「頑張ったね!」と、努力を認め労わる言葉をかけるのも、疲れた男性を癒すコツです。

ただ「お疲れ様」と言われるよりも、肯定的な印象が強くなるでしょう。

男性は自分の行動を肯定されることに自信を感じますし、「認めてくれる人がいる」という気持ちが精神的な疲れを癒す力になるはずです。

彼が努力していることは、ささいなものでも積極的に認めてあげましょう。

用件のみの簡潔なLINE

疲れているときは、LINEであれこれ会話するのが面倒になってしまうことってありますよね。

彼が疲れているかも? と感じたら、用件のみの簡潔なLINEで済ませることも癒しのひとつです。

用件が明確で簡潔だと返信もしやすいですし負担にもなりにくいはず。

やりとりの終わりに、労いのかわいいスタンプを添えると好感度もぐっと上がるかも。彼もクスっと笑顔になれるでしょう。

体調を気遣う

「風邪ひかないように気を付けてね」「暑いけど体調は大丈夫?」など、体調を気遣う言葉も癒しLINEのひとつです。

体調を気遣う言葉があるだけで、彼のことを気にかけている印象に。「自分を気にかけてくれている人がいる」という認識は、安心感につながりますし、優しい言葉にほっと癒される男性はきっと多いはずです。

楽しみを感じさせるLINE

楽しみを感じさせるLINE

「今週終わったら〇〇だね!」「週末会うの楽しみ!」など、今後の楽しい出来事に触れるLINEも、疲れた彼を癒す魔法の言葉になるでしょう。

楽しみを思い浮かべる機会をつくることで、疲れを癒し頑張ろうという気持ちを与えられるはずです。

デートの予定がない場合でも、「〇日から映画始まるね!」「〇時から〇〇放送だよ!」など、彼に日常のちょっとした楽しみを伝えたら、癒しLINEになるかも。

ただ、彼があまりにも忙しいとき、「週末はゆっくりしたい……」と内心思っている場合もあります。

彼の状況を踏まえて、「週末の予定は無理しなくていいよ!」「今週は、ゆっくり家でDVDを観ようね」など、楽しみをプレッシャーにしない選択肢も優しさのひとつ。

思いやりのある言葉に、彼も「なんて優しい子なんだろう」と感動するかもしれません。

おわりに

「男は敷居を跨げば七人の敵あり」ということわざがあるように、男性は仕事やプレッシャー、対人関係などさまざまなストレスを抱えているものです。

そのストレスをほっと癒す女性になると、「ずっと大切にしていきたい!」と思ってもらえるはず。

癒しLINEを日々の生活に取り入れて、“意中の彼”の特別な存在を目指していきましょう。

(白藤 やよ/ライター)

(愛カツ編集部)