じつは筆者の職場には“モテ女子”がたくさんいます。

でも多くの男性が、「あの子いいよね」「ああいう彼女欲しいな」とささやいているのは、必ずしも“だれもが認める美人”ではないかも。

今回はモテる女子がさりげなくやっている行動を徹底解剖してみました!

モテにつながる理由や“魅せ方”についても紹介しますので、是非真似してみてください。

なるほど!美人じゃないのにモテる子の行動パターン

こまめに声をかけてくれる

“単純接触効果”という心理学用語があります。これは「人はなんども接しているものに好意を抱きやすい」という心理のこと。

じつはモテる女子は無意識にこれをやっているもの。

たとえば職場ですれちがったときなどに、「おはようございます」と言うだけではその他大勢と同じになって印象に残らないことが多いです。

でも「今日寒いですよねー」「そのコートあったかそうですね!」など、挨拶にちょっとしたひと言を添えると、相手の記憶に残りやすくなりますよね。

書類を渡すときに「いつも助かります」、帰りに際に「今日は早いですね」など言うようにすると、“気にかけてくれて、優しい”という印象がつきます。

“単純接触効果”が発動して“好意”に変わりやすくなるのですね。

ちょっとした声かけなら、明日からでもはじめてみてはいかがでしょう?

仕事をきっちりやる

「仕事とモテがどう関係あるの?」と思われがち。でも相手が仕事関係の人であれば、こまめな連絡や丁寧さを見せておいて損はないでしょう!

いくら美人でも、やりとりが適当であったり手を抜かれたりしているのがわかると、やはり印象は悪くなるもの。

男性もなんだかんだ本気で「美人であればそれでいい」なんて思っていないことが多いでしょう。

仕事をきっちりやってくれたり、相手に対する気遣いがあふれていたりすると、「その人と過ごす生活」が素敵なものだと想像できやすいはずです。

“仕事”をただきっちりやるだけで、魅力をアピールできるなんて一石二鳥ですよね。

美味しそうなお弁当を作っている

美味しそうなお弁当を作っている

あからさまに“映え”を意識したお弁当である必要はありません。家庭料理や冷凍食品で十分!

できればタッパーにご飯とカレーなどではなく……。また、残り物を詰めたものをそのまま持ってきた感じでもなく……。

そこで!少しだけ“美味しそうなお弁当”を意識してみてはいかがでしょう?

単に「料理上手なんだな」というのも魅力になりますが、自分のために美味しそうなお弁当を作るのは、ちゃんと自分のことを大切していることでもあるはず。

自分を大切にしていない人は、他人を大切にすることができませんよね。

その余裕こそが“魅力”になるでしょう。

おわりに

今回紹介した方法はすべて、“いつもの行動”にちょっぴりプラスするだけ。

外見はわかりやすい魅力ではありますが、行動面や態度にだって魅力はあるはず。

「美人じゃないし……」なんてあきらめるのはもったいないですよ!

(矢島みさえ/ライター)

(愛カツ編集部)