奥手な男性は、好きな女性がいてもなかなか積極的にはアプローチをすることができません。

でも、自分なりにアピールをしたり、好意のサインを出したりしているものです。

そこで今回は、「奥手男子」が好きな女子に見せる言動を紹介します。

好意のサイン!「奥手男子」が好きな女子に見せる言動

「彼女ほしいアピール」をする

「あなたと付き合いたい」とは言えなくても、彼女を欲しているということは伝えておきたい。

奥手な男性はそういった考えを持ちやすいので、好きな女性の前で「彼女がほしいアピール」をするケースは多いです。

一緒にいるときに「彼女がほしい」とよく言ってくるのであれば、それはあなたへの遠回しなアピールや意思表示の可能性も大。

「○○さんと付き合ったら楽しそうだけどな」などと言ってあげると、男性も一歩踏み出す勇気が持てるかもしれませんよ。

「LINE」ではよく喋る

好きな女性とはもちろん会話を楽しみたいでしょうが、奥手な男性はなかなかそれができません。

ただ、面と向かって話すことはできなくても、LINEであれば緊張感も抑えられ、話しかけやすくもなるもの。

直接はあまり話しかけてこないのに、LINEは自分からよく送ってきて、色んなことを喋る男性は、本当は普段からあなたと会話をしたくてうずうずしているのかも。

大事な要件や急用などは特になく、どうでもいいような内容のLINEが多いのなら、何でもいいからとにかくあなたとつながっていたいという思いの表れなのでしょう。

「時間」を合わせてくる

奥手男子のサインはどこに出る?

偶然一緒になることが多い男性は、実はあなたと一緒になれるように合わせているという場合もあります。

休憩を取るタイミングや帰宅するタイミングなどが合うことが多いのなら、その男性はあえてそれを狙っている可能性も大。

奥手な男性はグイグイ積極的には動けないので、そうやって好きな女性と時間を合わせることで、「ふたりの時間」を作ろうとするのです。

さまざまな場面で一緒になったり顔を合わせたりする男性は、必死にあなたにアプローチしているのかもしれませんよ。

急に「よそよそしくなる」

男性は好きな女性の前ではいつも通りの自分ではいられなくなりやすいですし、奥手な男性はそれがより顕著に表れるもの。

緊張から話せなくなったり、意識しすぎてうまく接することができなくなったりしてしまうのです。

一緒にいて急によそよそしく冷たくなったように感じるのは、あなたへの好意が要因になっているのかも。

ドギマギするなど、なんとなく「緊張感」が伝わってくるのなら、それだけ男性の中であなたの存在が大きいということですよ。

おわりに

奥手な男性のアピールは、わかりにくくて気づきにくいものであるでしょう。

ただ、それをちゃんと見抜くことができたら、そこから新しい恋が生まれる可能性は大いにあります。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)