男性ってとても照れ屋さんが多いので、なかなか女性に本心を打ち明けられないことも……。

しかし、信頼している相手に対しては、さりげなく「信頼しているサイン」を出しているものなのです。

注意しておかないとなかなか気づきにくいこのサイン、はたしていったいどんなものなのでしょうか?

あなたは特別な存在かも♡男性が見せる「信頼しているサイン」3つ

自分の夢や目標を語る

「信頼している女性には、自分の夢や目標をしゃべっちゃうかな。
『将来こうなりたい』『いつかこんなことがしたい』って言うのは、あまり軽々しく口に出すものじゃないと思ってるし、バカにされたら傷つくけど……。
『この子になら大丈夫』と思える子に話せる。むしろ応援してほしいから話したくなっちゃう」(25歳/会社員)

将来の夢や目標を軽々しく語る男性は、あまりいません。

なぜなら、大切な思いは自分の胸の中にしまっておきたい、と考えているからです。

でも、「この子なら俺の夢をわかってくれる」「この子には応援してもらいたい」と思っている女性は別。

もし将来の夢を熱く語る男性がいたら……彼はあなたのことを心から信頼しているはず。

過去のコイバナや思い出話をしてくる

「小さい頃の思い出話とか、過去の失恋話なんて、よっぽど心を開いた女性にしかできませんよ。こっぱずかしいじゃないですか。
でも、信頼できる女性には、自分の過去を共有してほしいというか、俺の歴史を知ってほしいっていう気持ちになる」(23歳/営業)

今までの恋愛遍歴や、小さな頃の思い出話をしてくるのも、信頼している証拠。

そもそも、「あまり自分のプライベートに立ち入ってほしくないな」と思う相手に、昔話をする人はあまりいません。

特に男性は女性よりもその傾向が強いもの。小さな頃の話や今までのコイバナをしてくる、というのは「プライベートゾーンに踏み込んでもOK」というサインでもあるのです。

あなたの手料理を喜んで食べる

「あんまり仲良くない女性の作った料理って、失礼だけどちょっと食べるのに抵抗がある……。
けど、信頼できる女性の手料理ならおいしく食べられる」(27歳/公務員)

実は「男性=手料理好き」というのは間違いで、「他人の手料理はちょっと……」と思っている男性は結構多いもの。

その理由は、決して衛生的な問題ではなく、ずばり「重い」からだそう。

でも、信頼している女性が真心を込めて作った料理なら話は変わってきます。むしろ「大歓迎!食べたい!」と思ってしまうのだとか。

何気ないサインを見逃さないで

ついついスルーしてしまいがちな男性の「信頼しているサイン」。

見逃してしまうと相手は「俺がこんなに心を開いているのに……特別扱いしてくれないんだ」なんてガッカリしてしまうこともあります。

彼の言動をしっかりチェックして、小さなサインも見逃さないよう気を付けてしっかり受け止めてあげたら、きっと彼のオンリーワンになれるはずですよ。

(愛カツ編集部)