友達以上恋人未満のような曖昧な関係が続くと、不安な気持ちにもなってしまうでしょう。

付き合っているのかよくわからないような状態のときには、いつまでもそのままにはしておかないほうがいいかもしれません。

そこで今回は、「曖昧な関係」から抜け出す方法を紹介します。

私たち付き合ってるの?「曖昧な関係」から抜け出す方法

素直に「確かめてみる」

曖昧な状態がダラダラと続いているのであれば、一度素直に確かめてみるのもひとつの手です。

「私たちって、付き合っているんだよね?」と真正面から聞いて、男性の答えや反応をきちんとチェックしてください。

「私のこと、どう思っているの?」といった聞き方だと、「好きだよ」とか「大事だよ」なんて曖昧な答えで逃げられる可能性も大。

「付き合っているの?」と直球で聞いて、「付き合っているよ」とか「付き合いたいと思っている」とはっきりと答えてくれない男性なら、関係性を終わりにしたほうがいいかもしれませんよ。

そのまま「進展」はさせない

曖昧な状態でいるときに、そのまま関係性だけを進展させていくのはとても危険です。

ちゃんと付き合う気があるのかもわからないのに、勢いだけでエッチをしてしまうと、遊ばれることにもなりかねません。

「付き合うまではそういうことはしない」とはっきりと示して、きちんと線引きをしておくことは大事。

それでもあなたと一緒にいようとしてくるのなら、じっくりと時間をかけて関係を築こうとしてくれる、あなたのことを大切に思ってくれている男性なのでしょう。

少し「距離」を置く

はっきりと付き合っている関係性ではないのに、その状態を続けていくと、「このままでもOKなんだな」と男性に思われてしまうかも。

それではなかなか進展も望めない可能性があるので、あえて一旦距離を置いてみるのも方法のひとつ。

会えない時間があると、そこで相手のことを真剣に考えるようになるものです。

「本当に大事な相手」とか「私には必要な人」などと、お互いに思い合えるかどうか、ちゃんと自分の本心に向き合うことができる時間にもなるでしょう。

思いきって「告白」をする

思いきって「告白」をする

曖昧な関係に、終止符を打ちたいという思いが強いのであれば、思いきって告白をしてみるのもいいかもしれません。

恋人へと進展できないのは、お互いに告白を待っている状態である場合だってあります。

そういった意味でも、告白をすることで、今の関係を終わりにすることはできるはず。

ただ、告白が絶対に成功するとは限らないので、「曖昧な状態を続けるくらいなら、関係が終わってもいい」という決心がついてからにするべきでしょう。

おわりに

ずっと曖昧な関係でいるのは、最悪の場合、遊ばれている危険性も……。

そんなことにならないためにも、自分から行動を起こして、状況を打破していくことも大切ですよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)