大好きな彼氏には、寝ても覚めても愛情いっぱいに尽くしてもらいたい……そう思ってしまいますよね。

でも、そんなふうに存分に尽くしてくれる男性って、どうすれば見つけられるのでしょうか?

実は尽くしてくれるタイプの男性には、いくつかの共通する特徴がありました!

今回はその見分けポイントをご紹介します。

愛されたい!「尽くしてくれる男性」の特徴と見分け方

地味だけど努力を惜しまない

多くの人は、「努力するからには、誰かに認めてもらいたい」と思うもの。

「俺はこんなに頑張った!」と主張する男性は、注目を浴びそうなときは立派に行動しますが、目立たないところではサボりがち。

でも、尽くすタイプの男性は、あまり人には見えないところに好意や思いが現れます。地味で目立たないところでしっかり努力することが多いようです。

それは恋愛においても同じ。たとえば、付き合い始めはとても優しいのですが、ラブラブ期が落ち着くと、だんだん尽くしてくれなくなる傾向があります。

目立たないところで地道に努力する人は、恋のテンションをほとんど変えることはありません。

いったん恋が落ち着いたとしても、しっかり甘えさせてくれたり、ちょっとした気持ちの変化にも気づいてくれたりしやすいものです。

家族を大切にしているかどうか

家族を大切にしているかどうか

家族を大切にする人は、たいてい優しい人です。

尽くしてくれるタイプの男性は、「家族」を大事にするので、ごく自然に、家族のために自己犠牲を払うことができます。

こうしたタイプの男性なら、付き合った後も結婚した後も、変わらずしっかり尽くしてくれるでしょう。

ただ、家族や彼女以外の人にも最低限の気遣いができるかどうかまでは、要チェックかもしれません。

文句を言わずおおらか

女性に尽くす男性は、比較的文句を言わず、マジメに頑張る人であることが多いです。

たとえ計画通りにいかなくても、「ま、いっか」と流せる人は、尽くしてくれる可能性大。

「面倒臭い」「○○が遅い」といった文句がなく、なんでも受け止められる人は、心に余裕があります。

心に余裕があるということは、どんな状況でもあなたを優しく受け止めてくれるということ。

自分の都合のいいときだけでなく、どんな状況でも、大切な人のために行動してくれるはずです。

先を見据えて行動できる

心の余裕という点でいえば、ちゃんと先を見据えて行動できる人かどうかも重要なポイントになります。

後先考えずに行動する人は、直前になって焦るので、余裕が持てなくなり対人関係も雑になりがち。

先を見据えてしっかり準備できる人は、想定外のことが起きても心に余裕があります。

また、視野も広いため、ちょっとした変化にも気づきやすく、大切な人のために積極的に行動することもできるでしょう。

“尽くす”人は余裕がある人

“尽くす”というと、必死に行動するイメージがありますが、必ずしもそうではありません。

むしろ、どんな状況でも余裕があり、大局観に優れている男性こそ、尽くしてくれるタイプだといえそうです。

つい容姿など外見ばかりを重視しがちですが、おおらかで心に余裕のある男性を探してみるのもいいかもしれませんね。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)