「男の気持ちは男に聞くのが一番早い!」恋愛コラムニストのTETUYAです。

男性は、元々狩人の血が流れているせいか、追われる恋より追いかける恋が好きなタイプが多いです。

でも、これは男性に限って言えることじゃなく、女性も追いかける恋愛が好きな人は多いと思います。

ただ、ちょっと待ってください!女性の場合は追いかける恋愛をしちゃだめなんです。

僕の持論ですが、男性に追わせる女性にならないと。

じゃあ、そのためにはどういう努力をしたらいいのか?今回はこの永遠のテーマについて書いてみたいと思います。

男性に追われる女性になるためにやるべきこととは?

1、男性を追っちゃダメ、追わせる大事さとは

追いかける恋愛が、なぜ楽しいのでしょうか?

それは達成感を味わいたいという刺激が欲しいからだと僕は思います。

スポーツ経験のある人なら共感できると思いますが、完全に勝てる試合に勝っても、全く刺激がないし楽しくなんてありませんよね。

勝てるかどうかわからない試合だからこそ、勝ったときの喜びが刺激的でたまらないんです。そんな感覚が恋愛にも当てはまります。

特に、男性を追いかける恋愛を僕がススメないのは、男性は特に調子に乗りやすい生き物ですし、追いかけられると冷めちゃう傾向があるからです。

だから、恋愛は男性に追わせないと上手くいかないということなんです。

2、じらすテクニックは前提条件が必要

よく恋愛の指南書では、「LINEがきても、すぐに返信しないこと。」「相手から3回LINEしてきたら、1回くらい返す。」のように、このじらすテクニックをよく言ってる人がいます。

この格言には前提条件がひとつ漏れてると思うんです。それは、彼よりあなたが圧倒的に優位にたっていること。

まったく優位じゃないのに、このテクニックをつかっても、男性は自らフェードアウトしますから。

このテクニックで男性があなたを追いかけてくるなら、恋愛なんてとても簡単なものですが、そう甘くはありません。

もちろん、悪いテクニックではないので、この前提条件をクリアしている人は使うといいと思います。

3、リアルなコミュニケーションで追わせる

僕の持論ですが、男性に追わせる女性になるためには、LINEなどのデジタルのコミュニケーションだけじゃなく、リアルなコミュニケーションも絶対必要です。

具体的には、「こんなプライベートの相談ができるのも○○君しかいない」「○○君といると、時間がたつのが早い」というように、「あなただけ」と思わせるような発言だったり、実際の行動をしましょう。

ちょっとハードなやつだと、ボディタッチもしておきながら、ある日を境にぱったりと連絡が途絶えるとか。

こんな高低差あるようなコミュニケーションで攻められたら、そこまで好きな相手じゃなかったとしても、「あれっ、どうして」と、ちょっと追いかけたくなるマインドに男性はなってしまいますから。

最後に

男性から追わせるには、恋愛指南書に書いてあるような、小手先感満載のテクニックではダメだということです。

そのテクニックは、元々モテるマイノリティの女性しか使えません。

マジョリティは、リアルとデジタルを組み合わせてやらないと、追われる女性にはなれない。なんでも地道な努力は必要だということですよ。

(TETUYA/ライター)

(愛カツ編集部)