好きな人とのLINEってドキドキしますよね。

返信がもらえるように最後は「?」で終わらせたり、できるだけ長くLINEを続けたいと思ったりしたことがある人もいるでしょう。

ですが、気軽にできるからこそ気をつけないといけないこともあります。あなたが送った内容で相手の男性を困らせている可能性も……。

そこで今回は、男性が送られてきて困るLINEについてご紹介したいと思います。

返信したくないなぁ…男性が送られてきて「困るLINE」とは

一方的に質問攻撃をされる

質問をするのは、好きな人に自分の好意を示すことにもなるので◎

でも、あまり頻繁にしすぎないように注意が必要です。

たとえば「昨日どこに行ってたの?」「今日一日、何してたの?」としつこく問い詰めたり。そのほかにも、「どっちの方が似合うと思う?」「ちゃんと考えてくれてる?」と意見を求めすぎたり。

好きな人のことをいろいろ知りたいという気持ちは分かりますが、「一方的に質問攻撃されるのは迷惑」「一人で突っ走られても引いてしまう」と考える男性は多いようです。

もし相手の男性からの質問に答えず、あなたばかり質問をしていたら、「この子は何か隠してるんじゃないか?」と疑われてしまう可能性も……。

LINEを送る前に、その内容は本当にその男性に聞く必要があるものなのかを確認しましょう。

あなたと相手の男性の質問の量が同じくらいになるように意識すると、LINEも今までより盛り上がるはず。

返信を催促してくる

しょっちゅうLINEがきたら、面倒に感じる男性も中にはいます。

たとえば「私から誘われるのって迷惑ですか?」とか「今忙しいですか?」と送ったとします。

返信する前に次から次へと新しいLINEが送られてきた男性はどう思うでしょうか。「もっと距離を保ってほしい」という気持ちになってしまかもしれません。

まずは相手の男性の気持ちを考えて、返信がくるまで何もしないことが大切。

何もしないことが、「あなたの気持ちを分かってますよ」「あなたの意思を尊重しますよ」というメッセージになるでしょう。

時間が経つにつれて自然と、相手の男性の気持ちもほぐれてくるはず。 それまで好きなことをしながら待ちましょう♪

ネガティブな内容を長文で送られる

たまにネガティブなLINEを送るのは、「力になってあげたい」という男心をくすぐるためOK。

でも、だらだらと愚痴や不満だけが書いてあるLINEを何度も送るのは、男性を困らせることも……。

たとえば、仕事であった嫌なことを詳しく書いた内容を送ったとします。

きっと相手の男性は「仕事がうまくいかないって言われても…よく分からないな」と思ってしまうかもしれません。

はじめに「何?」と思い、次に「そんなの知らないよ」と呆れ、最後には「そのくらい自分でなんとかしてよ」と感じる男性は多いのです。

愚痴や不満を聞いてほしくなったら「私はこういうことがあってこういうふうに思うんだけど、あなたはどう思う?」とある程度自分の意見を述べてから、LINEを送るように心がけてみましょう。

おわりに

男性が送られてきて“困るLINE”について紹介しました。

好きな人とLINEするときは、つい好きという気持ちが先行して自分の気持ちを押し付けてしまうこともあるでしょう。

そんなときこそ、相手の男性の気持ちを考えてLINEを送るようにしてみてくださいね。

(阿部田美帆/ライター)

(愛カツ編集部)