恋愛関係を維持するのが上手な人もいれば、苦手な人もいます。

その違いは何なのか……。

彼と円満な関係を築くには、何が必要なのでしょう?

そこで今回は、円満な関係を築くために大事なことをご紹介します。

わかっちゃいるけど出来ていない人が多い。円満な関係を築くために大事なこと

されたらイヤなことはしない!

「されたらイヤなことはしない!」と頭ではわかっていても、つい相手にやってしまいがちという人も多いはず。

恋愛にのめりこんでいる時というは、普段の冷静な自分ではないので、自制心もぐらつきがちです。

つい勢い任せに、イヤがることをしてしまいやすいという女子は、少し冷静さを保つようにしましょう。

また、完ぺき主義というか、自分のやり方しか受け入れられない女子の中には、自分はされたら怒るのに彼をコントロールしようとする人もチラホラ。

彼はあなたの「所有物」ではないので、自分はいいけど彼はダメとか、そういう都合のいい考えは捨てましょうね。

お互い隠し事なし!プライバシーをさらけ出すことの強要

「お互い隠し事はなし!私はスマホを見られても平気。だからお互い、いつでも相手のスマホを覗いてもOKね!」というルールを勝手に作るのもやめましょう。

自分がされてもイヤじゃなければOK、というわけでもありません。

自分は良くても相手はイヤ、ということもあります。

人の価値観は人それぞれなので、強要するのはよくありません。

誰にだって、踏み込まれたくないプライバシーがあります。

たとえ相手が恋人だったとしても……。

相手の話を最後まで聞かない・決めつけで話す

相手の話を最後まで聞かずに、途中で反論をしたり、根拠も証拠もないのに決めつけたりして話すのは、普通にダメです。

その悪い癖は、恋愛に限らず、人間関係を築く上でかなりネックになるでしょう。

人間関係、恋愛関係を円滑に、そして円満に築きたいのなら、相手の話を最後までちゃんと聞くことと、決めつけで話さないことです。

それをしなければ、きっとあなたの話も最後まで聞いてもらえませんよ?

適度な距離感

適度な距離感

恋愛も人間関係も、距離感ってかなり大事です。

遠すぎてもダメだし、近すぎてもダメ。

特に、恋愛の場合は、近すぎると大抵何か問題が起こります。

あなたの望む距離=彼の望む距離とは限らないでしょう。

お互いの望む距離の中間地点でないと、バランスを崩します。

円満でいたい、かつ少し彼に追われる立場でいたいのなら、彼の望む距離よりも、ちょっとだけ遠くにいたほうがいいです。

そのほうが彼も飽きにくいし、あなたを雑に扱いませんよ。

彼にあぐらをかかれたくないのなら、「手に入った距離」にいない方が吉。

親しき中にも礼儀あり

カップルならなんでも許しあえるはず、何をしてもOK!というわけではありません。

だから、円満でいるためにはタブーなことも、もちろんありますよ。

親しき中にも礼儀ありです。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)