なかなか好きな人に会えないときは、LINEで仲を深めるのが鉄則。

ところが、いざLINEしようとすると「どうしたらいい?」と戸惑うこともありますよね。

どんなLINEを送ると、男性心を掴むことができるのか?

男性目線ではどんな伝え方をしてほしいのか?

男性がもらうと嬉しい“LINEのコツ”をまとめてみました!

早く会いたい…!男性が「もらうと嬉しいLINE」のコツ

簡単に読めて返信しやすい

「彼からLINEの返信が来ない」「既読スルーされた」となると、落ち込んでしまいますよね……。

まずは、送ったメッセージが「簡単に読める」「返信しやすい」の二点をクリアしているか、チェックしてみましょう。

男性が読みやすく感じるLINEの長さは3行前後。

スクロールが必要な文章は、長すぎるといえます。

また、一度のメッセージに複数の話題を入れるのはNGです。

一つの話題に対して、“リアクション” “共感” “投げかけ”のシンプルな構成にしましょう。

LINEが苦手な男性にとって、ワンアクションで返信できるLINEはとてもありがたいもの。

シンプルで分かりやすいLINEからは、男性への思いやりが感じられます。

彼中心の話題

会えない時にはついつい“自分の話”をしたくなります。

とくに女性は“共感を求める”心理を持っていて、男性にたくさんの報告LINEを送りがち。

しかし、会えない期間には、なるべく彼の近況を聞いたり、彼の好きな分野を話題にするのがベターです。

LINEは便利な反面、“一方的なコミュニケーション”に偏る傾向もあります。

通常の会話以上に相手に寄り添わないと、二人の間に溝ができやすいのです。

「元気にしてる?」「お仕事はいい感じ?」「〇〇君が好きなアニメ見てみたよ!」

このように、自分に寄り添ったLINEが来たら、すぐにでも返したくなりますよね。

日頃から彼の話を深く聞くようにすると、話題のバリエーションも増えるでしょう。

可愛いスタンプと絵文字

文字での“好きアピール”には限界があります。

頑張って愛情を伝えようとした結果が「重い」と思われる原因になってしまうことも……。

そこで、通常のメッセージにプラスαで“可愛いスタンプ”や“可愛い絵文字”を足しましょう。

こうした装飾をフル活用すると、男性は女性の表情が想像しやすくなります。

文字だけで頑張ったときよりも、自然体で愛嬌のあるLINEを演出できるのです。

また、LINEのアイコンも相手に与えるイメージを大きく変えます。

キメすぎない笑顔の写真や、猫・うさぎ・ひよこなどの可愛い動物の写真を選び、LINEを開くたびに癒やしを与えましょう。

写真で日常を共有

ただメッセージのやり取りをするだけでなく、写真を送って日常を共有してみましょう。

写真を見ると“親近感や共有してる喜び”が湧きます。

「彼女の日常を覗きたいな」と心の片隅で思っている男性は、少なくなくありませんよ。

写真を送ると、文字だけの時より盛り上がりやすいメリットもあります。

「マンネリを防ぎたい」「飽きさせたくない」という時に、写真の共有が効果的です。

男性は文字から情報を読み取ることが、女性より苦手といわれています

女性が思っている以上に、細かなニュアンスが伝わっていない可能性があるのです。

写真の方が頭を使わずに済み、彼の息抜きになる効果が期待できるでしょう。

“何を伝えるか”だけじゃなく“返信のしやすさ”

彼からの反応が微妙なとき“彼が積極的になってくれる話題”を探したくなることも。

もちろん、話題選びはとても大切ですが、さらに“彼が返信しやすいLINE”にする必要もあります。

文字だけに頼ると長文になりがちです。

文面はシンプルなものにして、絵文字やスタンプを使い、たまに写真で流れを変えてみましょう。

ワンアクションで返信できるLINEがベストですよ。

(岡あい/ライター)

(愛カツ編集部)