「彼氏が欲しいけど、好きな人もできない……」

せめて、「男子からアプローチされたら、少しは恋愛に発展するかもしれない」と思うことはありませんか?

向こうから来ないからと言って何もしないより、男子にちょっとだけ、気を持たせてみる行動をしてみてもいいかもしれません。

そして、男子からアプローチしてくることを狙ってみましょう。

「男子が思わずドキドキする、気を持たせちゃう行動」をご紹介しますよ。

思わず男子がドキドキする、気を持たせちゃう行動とは

「すごく興味あるから教えて〜」と前のめりで言う

合コンや、サークル仲間など、皆で会話しているときなど、好きではないけど、生理的に無理じゃない人が目の前にいたら、とりあえずその人にターゲットを絞ります。

そしてその人の話している内容に、「なにそれ?興味あるから教えて〜」と、前のめりで言ってみてください。

その後も、「それから?」と、ターゲットの話に夢中になってみましょう。

すると、「えっ、そんなに俺の話に興味あるの?」「もしかしたらもっと仲良くなりたいと思っているのかな」と、相手は勘違いするかも……。

もし、趣味の話で、「じゃあ、今度2人で行く?」と誘ってきたら、もうターゲットは、あなたを恋愛対象としてみる準備ができているはずです!

「写真撮ろう!」とツーショットで写真を撮る

女の子同士や、カップルでツーショットはよく撮りますが、男子とツーショットって、よっぽど仲良くないと撮ることってあまりないですよね。

風景や食べ物など、写真を撮りたいと思ったときに、「写真撮ってー」じゃなくて、「一緒に写真撮ろう!」と近寄ってツーショットを撮ってみてください。

相手は、「えっなんで俺とツーショット?」「ちょっとドキドキする」と、意識するはず。

撮った後も「ねー見て!いい写真」とか、「これ送っておくね」と話せるし、送った後もLINEが続けやすいなど、仲良くなりやすいシチュエーションがたくさんです。

ツーショットきっかけに、彼の中であなたへの感情が突然変わってくるかも?

そういうの「好き」と何度も好きワードを出す

そういうの「好き」と何度も好きワードを出す

また、男子との会話で、「好き」ワードを何回も連発してみてください。

「俺これ好きなんだよね〜」という発言に対して、「わかる!私も好き」とか、「今日の服すごく好き!」など、色んな場面に「好き」をちりばめてみましょう。

すると、「この子俺の趣味と一緒なのかな」「好きってなんか嬉しいかも」と、自分のことを好きと言われているかのような錯覚におちいって、あなたのことが気になってくるかも……。

そうなると、向こうからアプローチが始まるかもしれませんよ。

ちょっとした行動で、恋愛が生まれるかも

「恋愛に発展するきっかけが欲しい」「モテたい」と、思っても、待っているだけでは何も生まれません。

恋愛感情はなくても、相手の心を少し動かせたら、もしかしたら恋愛スイッチが入ってしまうこともあるんです。

そうなると、決めるのはあなた次第!

その人がダメでも、モテるオーラが出てきて、他の人からもアプローチされるはずです。

なんにもなくてつまらないと思って居る人は、まずは周りの男子から試してみてください!

(ライター/麻生アサ)

(愛カツ編集部)