結婚を考える際、純粋に「好き」って気持ちだけではなく、損得勘定が入ると罪悪感を抱く子もいますが、結婚を考えるのなら多少の損得勘定はむしろ正常です!

だって借金まみれのニートと結婚するなんて怖いでしょう?

結婚って、人生最大の決断でもありますから、極力後悔をしないように見極めたいもの!

そこで今回は、相手が結婚相手にふさわしいか否かを判断するポイントをご紹介します。

彼が結婚相手にふさわしいか判断するポイント3つ

収入と金銭感覚のバランス

彼の収入がいいからって、贅沢な暮らしができるわけではありません。

仮に年収1,000万円でも一切貯金をしていない人だっているし、結婚後に自分の楽しみには惜しみなくお金を使い、家には少ししかお金を入れないドケチタイプもいます。

あなたとかなり金銭感覚がズレている相手では、結婚生活は難しいですよね?収入も大事ですが、金銭感覚もかなり大事。

デートや旅行をして、彼の金銭感覚をリサーチしましょう。

あまりにも納得いかないお金の使い方なら、彼はパートナーにしないほうがいいでしょう。

『結婚したら、まともになるかな?』と考える女子もいるでしょうが、金銭感覚なんて結婚したところで簡単に変わるものではありません。

彼の交友関係

彼本人の性格も大事ですが、交友関係も大事です。

そもそも、恋をしている時って相手を色眼鏡で見ているので、実像より素敵に見えてしまいがち。

結婚前に本当の彼を知るべく、彼の周りの人を見たほうがいいです。

例えば、彼が反社な人たちと繋がっているのなら、縁を切ったほうが身のため。

また、彼の友人らが平気で浮気・不倫をしているというのなら、結婚後に彼も不倫をする可能性大。

「彼は違う!浮気なんてしない」と信じたいでしょうが、結局人間って“類は友を呼ぶ”もの。

そういう人と連んでいると、似たような人間になるんです。

彼の家族に危険人物はいないか

結婚する相手は彼なので、正直そこまで彼の家族を重視しなくてもいいのですが……。両親の性格、金銭状態は聞いて置いたほうがいいです。

義父母の中には、嫁を便利屋さんのように扱ったり、金銭的に困った際、平気でお金をせびる人もいますからね。

要望を断れば騒ぎ立て、謎に被害者ヅラをしてご近所に「嫁がいじめる」と嘘を広める義父母なんて嫌でしょう?

彼がまだ注意してくれたり、あなたを守ってくれるのならいいですが、『親のいいなりで、親の味方』という場合かなり辛い生活が待っています。

自分を守るためにも、彼の家族のことは知っておいたほうがいいですよ。

多少の損得勘定は正常!

結婚をしてから、「結婚する相手を間違えた……」「独身のほうがラクだった……」と後悔するのは切ないですよね?

勢いで結婚を決めるのもアリなのかもしれませんが、勢いだけで決めると後悔も大きいですよ?

結婚前にちゃんと見極めましょう。多少の損得勘定は、むしろしないと危ないです。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)