なんとなくいい雰囲気にはなってきているけれど、ちゃんと付き合っているわけではない。

そんなグレーな状態が続いたら、このままでいいのかと不安な気持ちにもなっていくことでしょう。

そこで今回は、「グレーな状態」を終わらせる方法を紹介します。

恋人にはなれないの?「グレーな状態」を終わらせる方法

それとなく「聞く」

ふたりの関係がどういうものなのかはっきりとわからないことに大きな不安や不満を感じているのなら、それとなく聞いてみたほうがいいでしょう。

「私たちって付き合ってるの?」とか「私たちってどういう関係なの?」などと、サラッと質問を投げかけて反応を見てみるのもひとつの手。

そこでごまかしたり、話をすり替えたり流したりするような男性だったら、それ以上の深入りをするのは危険かもしれません。

ただ、まだこれからふたりの関係性を深めていこうと考えているという場合だってあるので、仲良くなったばかりのときには聞いてはいけない質問ですよ。

「一線」は越えない

はっきりとしないグレーな状態のままでエッチをしてしまうのは、やはり危険度が高いです。

遊ばれて都合のいい相手にされるようなこともあり得るので、ちゃんと付き合うまでは一線は越えないようにするべき。

一線を越えないことであなたに愛想を尽かすような男性は、ただエッチがしたいだけなので、さっさと縁を切ったほうがいいでしょう。

本気であなたと結ばれたいと思っているのなら、普通は「付き合いたい」という感情だって湧き起こるはずですからね。

「会わない時間」を作る

恋人未満を脱する方法は?

関係性が思うように進展しないときには、あえて「会わない時間」を作ってみるといいかも。

会えないことで、男性はあなたのことを考える時間を持つでしょうし、あなたの存在の大事さに気づいたりもするでしょう。

グレーな状態なのに、それでも女性がいつも一緒にいてくれたら、男性は「このままの関係でもいいのかな」と感じてしまう場合もあります。

そういった意味でも、一度距離を置いて、今の状態のままだとあなたを失う可能性もあるということを匂わせてみるのはひとつの方法ですよ。

「告白」をしてしまう

今の状態でいることに我慢の限界を感じているのなら、思いきって告白をしてしまうのもアリでしょう。

うまくいっても、ダメだったとしても、曖昧な関係性からは確実に抜け出すことができます。

男性がグレーな状態を続けているときには、女性のことが好きだけれど告白する勇気が出ないというパターンも多いもの。

明らかにいい雰囲気で、男性からの好意も伝わってくる場合には、踏ん切りをつけて告白をしてみてもいいかもしれませんよ。

おわりに

今のままの状態でいることに不安があるのなら、行動を起こしてみるべきです。

はっきりさせないでいると、いいように利用されてしまうことだってあるので、どこかで決断は必要になってくるでしょう。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)