思うようにデートもできず、恋人にも会えない……。
そんなデート難民も多い現状ですが、それでも愛を深めることはできます!

出勤も制限され、慣れないテレワークでモヤモヤお疲れの彼。そんな彼に喜ばれるLINE、知りたくありませんか?

ポイントは、「心は一緒」と感じさせることです!

コロナでテレワークの彼へ! 絶対喜ばれるLINE5つ

「わたしも頑張るね!」

自宅でテレワークといいつつも、やっぱり仕事は仕事。ダラダラさぼるわけにもいきません。

でも、そんな状況は、彼も同じ。

LINEでやり取りができない間でも、お互いに仕事を頑張っているわけですから、「お互い頑張ろうね!」と伝えてみるのはいかがでしょうか。

お昼の休憩中や、テレワークが終わった後に、「お疲れさま」「明日も一緒に頑張ろう!」とLINEで伝えてみてくださいね。

「同じ時間に食べよ!」

本当は一緒にお出かけして、いろんなお店に行って、おいしいものを食べて、たくさん話したいところ。でも、今はお互い少し我慢……。

そんなときだからこそ、「○時になったら、ご飯を一緒に食べようよ!」と、提案してみるのはいかがでしょうか?

ビデオ通話をONにして、お互いの様子を見ながら一緒に食事をしてみると、楽しすぎてクセになるかも! これなら、彼と離れていても、同じ気分を味わうことができますよ。

休日や週末など、お互い時間の合わせやすい日などを、LINEで提案してみてくださいね。

「今日はなにが大変だった?」

「今日はなにが大変だった?」

一日の出来事や、彼の様子を、LINEで聞いてみるのはいかがでしょうか?

普段の職場でなら、ちょっとイヤな仕事や大変な仕事も、仕事仲間と共感したり、愚痴を言い合ったりできます。でも、テレワークは孤独との戦いです。

好きな人がちょっと孤独に疲れていそうなら、「今日はなにか大変なことあった?」と聞いてあげると、彼をホッとさせることができるかもしれません。

いままで感じたことのないストレスや不安も、お互いの気持ちを共有することで、だいぶ軽くなるはずです。

「お金を貯めて、○○へ行こう!」

本当は一緒に行きたいところは山ほどあるのに……そんな気持ちになっていませんか?

きっと、彼も同じ気持ちのはず。まずはその不満をポジティブな話題へと転換させてみましょう。

逆に考えてみると、出費を抑えて、お金が貯められる時期かもしれません。

今はあちこち行けなくても、「来年はお金貯めて、○○行こうよ!」と、LINEで伝えれば、彼もいい気分転換になるはずです。

「明日もいっぱい話そうね!」

LINEでのやりとりの最後は、ぜひこのセリフを言ってみてください。

ありふれた言葉かもしれませんが、こんな時期だからこそ、当たり前のことが大切です。

離れていても一緒。これをいつも感じていれば、思うようにデートができなくても、しっかりと強い絆で結ばれるはず。

寝る前などに、お決まりのセリフにしてみるのもおすすめです。

おわりに

テレワークや自粛は、思いのほか心がモヤモヤするもの。

でも、その気持ちを共感し、愛情を伝え合える相手がいるのって幸せなことですよね。

こんな時期だからこそ、LINEでふたりの絆を強くして見ましょう。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)