「もしかして、私は本命じゃないのかも?」と、彼氏の愛に不安を感じたら、ちょっとした行動を観察してみて。

些細な行動の中に、彼の本心が隠されているかもしれません。

男性が、本命じゃない相手についやりがちな些細だけど明確なサインを3つご紹介します。

もしかして…と思ったらチェック!男性が「本命じゃない相手」にする行動

手料理をおねだりしない

昔から「男をつかむなら胃袋から」と言われるほど、一般的に男性は「手料理」が大好き。

本命彼女には、料理を作ってもらいたいのも男性のホンネです。

ですので、長く付き合っているのに「君の料理が食べたい!」とは言ってくれない場合には「本命じゃないからその子の料理に興味がない」という本心が隠されていることも……。

積極的には家に入れてくれない

お家デートは、二人きりでイチャイチャな時間を心置きなく楽しめる至福のとき。

それなのに、なかなか自分の家に入れたがらず、お家デートでも彼女の自宅ばかり……というなら、本命視されていない可能性も……。

本命じゃないから自分のテリトリーに入れたくないという心理だったり、もしかすると他の女性と同棲しているから自宅には呼べない理由があったり……。

何かしらの事情も考えられます。

具合が悪いときに「そっとしておいて」と言われる

具合が悪いときに「そっとしておいて」と言われる

たとえば彼が体調を崩してしまったとき、看病をお願いされなかったとしても、「何か必要なものある?」とか「おかゆ作りに行こうか?」と言われたら、本命相手にはありがたく甘えてくれるはず。

なのに「いいよ!そっとしておいてほしいからさ!」なんて言いつつ、看病を嫌がる場合には本命じゃないサインかもしれません。

具合が悪いときには好きな人の顔を見るとホッとしますが、本命じゃない女性に来られてもウザいだけですものね。

当てはまったら要注意

3つのなかに、心当たりはありましたか?

ひとつでも当てはまるものがあったなら、彼氏の「本命じゃないから」のサインなのかも……。

でも、彼がそう考えるまでになったのには、なにか原因があったのかもしれません。

恋愛に大切なのは、「お互いの気持ちに寄り添いあうこと」。どちらかがペースを乱すと、たちまち足並みは乱れて、幸せな日々からは遠ざかってしまうでしょう。

もしも何か心当たりがあるのなら、素直に謝ったり、彼の心の中で引っかかっている何かを改善したり。

焦らずに、少しずつ足並みをそろえていってくださいね。

(ライター/麻生アサ)

(愛カツ編集部)