コロナウイルスの影響をダイレクトに受けたカップルは、「会いたいのに会えない」などその弊害も感じやすいものです。

自分たちの力ではどうにもできない出来ごとに、イライラしたり寂しさばかりが募ったりしますよね。カップルのどちらか一方でも会えない関係にマンネリを感じたら、早めに対処をとるべきでしょう。

そこで今回は、会えない関係にマンネリを感じたら心がけたい5つのことを紹介しましょう。

会えない関係にマンネリを感じたら心がけたいこと5つ

ヘアアレンジや女磨きをする

「彼氏に会えないからこそ、次に会ったときに惚れ直してもらえるチャンスでもあると思うんです。ヘアアレンジを研究したり、ネイルをしてみたりと自分磨きの研究とか。

外にでれなくても、ネットで洋服を買うこともできる。デートを想像して、コーディネートを組んだりして楽しんでいます」(Kさん・25歳女性/アパレル)

女磨きをするのもおすすめです。

しばらく会えないからこそ、次にあったときの彼氏の反応を楽しみに頑張る時間が一定期間あるのもいいですね。

会えなくて残念な気持ちを他の努力に向けてみましょう。

交換ノートなどに取り組む

「私と彼氏の家は、歩いて二駅くらい。おこもり中の散歩には丁度いいので、それぞれの休みの日に相手の家まで交換ノートを届けることになっています。

手書きならではの温かさがあるし、面と向かって言いづらいことも話せる気がするので前より仲良くなった感じがします」(Hさん・32歳女性/経理)

交換ノートなど、いつもはやらないことに注力してみるのも新しい二人の関係が見えるかもしれませんよ。

二人でお題を出し合って塗り絵や、絵を描いてもいいですね。他にもオンラインならではで多くの友人と飲み会をセッティングしても楽しい夜を過ごすことができるでしょう。

これまでの写真を整理する

れまでの写真を整理する

「会えないことにマンネリを感じるということは、現状の二人にしか関心がない状態だと思う。あえて昔の写真を整理したり、アルバムにしたりして、これまで乗り越えてきた二人の時間を実感する。そうすると『きっと大丈夫』って思えてきます」(Wさん・27歳女性/ライター)

これまでの写真を整理するのもおすすめです。あえて昔の写真を整理したり、彼氏と共有したりして二人の絆の強さを再確認するといいでしょう。

これまでもいろいろ乗り越えてきた二人なら、この先も頑張れる自信がつくはずです。

自分のストレスを明確にする

「自分のストレスが溜まっている状態で、相手のことを考えるのは不可能だと思います。だから、自分のストレスについて紙に書き出す。

どうして彼にモヤモヤするのかと考えて、彼に理論的に説明する。そうすると、無駄な喧嘩が減ると思います」(Aさん・25歳女性/事務)

自分のなかに、イライラや漠然とした不安があるのなら、まずそれを解消できるといいですね。

自分のストレスを抱えたまま相手のことを思いやるのは不可能だからです。

紙に書き出すなどして、自分でやるべきことを明確にしたり感情のコントロールをつけられるといいでしょう。

いっそ連絡を取らない

「いっそ連絡を取らないというのもいいと思う。話したくもないのに、わざわざ連絡する必要はないと思うから。

連絡を取らないことで『やっぱり寂しい』とか思うと、相手を自然に大切にできている証」(Uさん・31歳女性/美容師)

話すたびにイライラして、マイナスな気持ちになるくらいなら連絡を取らないほうがいいでしょう。

いっそ連絡を取らないようにして、相手のことを見つめ直すのが大切。

会えない状況下では喧嘩も加速するばかりなので、少しでも衝突の可能性があるのなら、避けたほうが無難ですよ。

会えない関係を楽しんでこそ真のカップル!

会えないときは、その事実ばかりに囚われてしまいがち。

つい悲しくなったり、そのことについて不甲斐なさを感じたりとカップルによっては、付き合いに迷いが生まれやすいタイミングでもあります。

ほんとうに絆が強く結ばれたカップルなら、会えない関係でも楽しむことができるでしょう。会えない関係をいかにして楽しむかに、視点を変えてみて。

(東城ゆず/ライター)

(愛カツ編集部)