男女ともに、「この人と本気で付き合いたい」と思ったときは頭をフル回転させて、なにを伝えるべきか、あるいはなにを伝えないで隠しておくべきか、考えまくりますよね。

今回は、男性が「本気で付き合いたい」と思った女性に伝えることについて、何人かの男子にお話をお聞きしてみました。

以下にご紹介するようなことが彼の口からポロっと出てくれば、それは「本気で付き合いたい」のサインだということです。

男子が「本気で付き合いたい」女子だけに伝える言葉

いま彼女いないし

「マジで付き合いたいと思えば、『いま彼女いないし』ということは、絶対に相手に伝えます」(27歳・広告)

これは女子もよく使う手段だろうと思います。

仮におたがいに「いいな」と思っていても、相手の気持ちがわからなければ、はじめの一歩はなかなか踏み出せないもの。

この一言によって、好きな女子に暗にアピールしているのでしょう。

年収は人並みていどに……

「本気で付き合いたいと思った女子には『年収は人並みていどに』と伝えます。
だって女子、年収を気にしているでしょう?」(28歳・建築)

付き合う相手の年収、ルックス、職業。これはもう現代の3点セットみたいなものですよね。

でも、最近の報道によると、男子は男子で「彼女には一生働いてもらわないと困る」と思っている人も少なくないようです。

今後は、男子が女子の年収を心配する時代になるかもしれませんね。

べつに彼氏がいても気にしないよ

べつに彼氏がいても気にしないよ

「美人さんって、ほぼ絶対に彼氏がいると思うんですよ。
だから彼氏がいることを気にしていたら付き合えないので、ぼくは『べつに彼氏がいても気にしないよ』と先に伝えます」(27歳・飲食)

女子ってわりと「ダブっている期間」ってあるようで、取材をしていると、そういう女子によく出会います。

男子は男子で「彼氏がいるからといって、嫉妬するのもみっともない」と思っているのかもしれません。

男子は戦略的?

男子は、本気でこの女子と付き合いたいと思えば、女子がロマンティックな気持ちになれるような言葉を伝えるということです。

戦略的にすぎるのかもしれませんが、まあ女子の戦略に比べりゃあ、かわいらしいものなのかも?

(ひとみしょう/文筆家)

(愛カツ編集部)