気になる男性との距離を縮めたい、そんなときに便利なのがLINE。

何気なく送っているLINEの内容を少し工夫するだけで、男性の心をつかむこともできるようです。

今回は、恋人候補として意識してしまう女性からのLINEについて、男性に聞いてみました。気になる彼がいる方は、参考にしてみてくださいね。

男性に聞いた!「一気に恋人候補になっちゃうLINEの内容」

素直に会いたいと伝えてくれる

「とくに急ぎの用事があるわけではないのに、ふと会いたいと言われるとドキドキする。自分に気があるのではと意識してしまう」(30歳/事務)

ちょっとした用事ならLINEで伝えるのでも十分なはず。

LINEのやり取りをしている最中に、直接会いたいと言われると、自分に対して特別に興味を持ってくれているのではないかと思う男性もいるようです。

脈ありの可能性を感じることで、相手のことを意識してしまう……なんてケースもあるでしょう。

ただし、会いたい気持ちを伝えるときは“さりげなく”がカギ。何度も言うとドキドキ感がなくなってしまうので、注意してくださいね。

LINEの中で何度も名前を呼ばれる

「LINEで何度も名前を呼ばれると、なんだか付き合っている風に錯覚してしまう」(28歳/営業)

名前を何度も呼ぶことで、親近感をぐっとアップさせる効果があるようです。

「〇〇くん」と名前で呼ぶとより距離が縮まったように感じられるので効果的。

気になる男性との距離を縮めたいなら、勇気をだして下の名前で呼んでみてください。

面と向かっては、恥ずかしくてもLINEの中でならさりげなく呼べるのではないでしょうか。その他にも、ニックネームで呼んでみるのもおすすめですよ。

相談事をしてくれる

「悩みを相談されると頼りにしてくれているのかなって。ちょっと特別感がありますね。自分のアドバイスで元気になってくれたら、それもうれしいです」(29歳/IT)

男性は女性に頼られるとうれしいもの。ある程度LINEを交わすようになったら、仕事の悩みなどを相談してみるのもおすすめです。

とはいえ、手軽にやり取りできるのがLINEの魅力なので、いきなり重すぎる内容は負担に感じてしまうかもしれません。

まずは、軽めの内容から少しずつ相談してみるといいでしょう。

男性からのアドバイスをもらったら、「〇〇くんに相談してよかった。ありがとう♡」と感謝の気持ちを伝えれば、グッと距離が縮まるはず。

 LINEを上手に使って親密度アップ

なにげなく送っているLINEの内容を少し工夫するだけで、恋人候補としてみてもらえるチャンスが生まれるかもしれません。

自分の気持ちを素直に伝えたり、名前を呼んだりすることも親密度をあげるポイントのようですね。

彼との仲を深めたいなら、今回紹介したポイントを押さえてLINEを送ってみましょう!

LINEを上手に利用して、彼との距離を縮めていってくださいね♡

(愛カツ編集部)