彼から、仕事を理由にデートを断られた経験のある女性もいるのではないでしょうか。

もちろん、本当に仕事が忙しい場合もあるはずですが、それでも連絡が減ったりすると、「彼の気持ちが冷めてしまったの?」と不安になりますよね。

そこで今回は、「仕事が忙しい」と言う男性の真意を探ってみました。

もしかして嫌われちゃった?「仕事が忙しい」という男性の真意

なんとなく1人でいたい

「特になにかがあったわけではないのに、やる気が出ないとき、彼女にも友達にも会わずに自宅でぼーっとしたくなります。そんな理由でドタキャンするのは、彼女に悪いなと思うので、仕事ということにしています」(32歳/医療系)

疲れていたり、なんとなく1人でいたい気分だったり……約束していたけれど、彼女とのデートに気が進まないときにも、「仕事が忙しい」という口実を使うことがあるようです。

デートを断りたいけれど、彼女を傷つけたくないとの彼なりの心遣いが見受けられますね。

誰にでも1人になりたいときはあるもの。彼が疲れているようだったら、様子を見つつ、そっとしておくほうがよい場合もあるでしょう。

そんなときは「落ち着いたら連絡してね」と言って、女性側も一歩引いてみると良さそうです。

連絡をとるならしつこくならないようにし、彼の負担とならないように気をつけましょう。

本当に仕事が忙しくて余裕がない

「繁忙期に入ると、正直仕事以外のことを考えられなくなります。仕事モードになると、彼女への連絡が疎かになることも。自分が不器用なせいで、彼女にさみしい思いをさせてしまって申し訳なく思います」(27歳/食品会社)

彼が「仕事が忙しい」と言うとき、本当に仕事が忙しいことも考えられます。

男性が言う「仕事が忙しい」は、時間的な意味だけではないよう。

仕事のことを考えていて余裕がない、ほかのことに気持ちを切り替える余裕がないといったような、心理的な意味を含んでいることも多いでしょう。

仕事が落ち着く時期を聞いて、それまでは連絡を控えたり、彼の仕事を応援したりすると、彼も安心できるのではないでしょうか。

彼女と距離をおきたい

「彼女との付き合いが長くなり、このままでいいのか……と不安になったとき、少し1人で考えたいと思ったことがあります。彼女と距離を取りたかったので、『仕事が忙しいからしばらく会えそうにない』と言ったことがあります」(29歳/運送業)

彼女と距離をおきたいと考えている場合にも、「仕事が忙しい」を使うことがあるようです。

彼女のことを嫌いになったわけではないけれど、少しマンネリ気味だったり、冷静に2人の関係を見直したかったり、彼なりに考えたいことがあるのでしょう。

女性としては、不安が的中……と心配になってしまうかもしれませんが、そこで「どうして会ってくれないの?仕事が忙しいって本当なの?」と彼を追い詰めてしまうのはNG。

最悪の場合、2人の関係が破綻してしまうことにもなりかねません。焦る気持ちを封印して、いったん彼の気持ちが落ち着くまで様子を見ましょう。

「仕事が忙しい」と誘いを断られても焦らないで!

男性が「仕事が忙しい」とあなたとの接触を減らそうとするときは、彼なりの思いがさまざまあるようですね。

連絡やデートの頻度と愛情の大きさが、必ずしも比例するわけではないことを、心に留めておきましょう。

どのようなケースでも、不安になって一方的に彼を責めるような発言は逆効果です。焦らず冷静に対応し、状況を判断してくださいね。

(愛カツ編集部)