お付き合いをしていると、好きな人に会えず、寂しい思いをするときってありますよね。

会えないときは、我慢をしながら生活をしている女性も多いはず。

今回は、そんな寂しい気持ちをうまく消化する方法がないか、考えてみました。

自粛生活を充実させる意味でも、実践できるものがないか、ぜひチェックしてみてくださいね。

好きな人に会えない…「寂しい気持ち」をうまく消化する方法3つ

(1) 自分磨きの時間を作る

普段なら、休日は好きな人とデートしたいですよね。

好きな人とデートできないのは残念ですが、そんなときこそ“家でできること”を積極的にやってみてはいかがでしょうか。

たとえば、買ったきり読んでいない本を、この機会に読破してみるとか。気になる資格があるなら、勉強に充てる時間にしてみるとか。

運動不足解消に、家のなかでヨガ、筋トレをするのも良いでしょう。

なにか目標を立てて、1~2時間でも挑戦できると、一人で過ごす時間が充実しそうです。

彼と会ったとき、あなたの変化に再び惚れ直してくれるかもしれませんね。

(2)家事をする

普段家事はマメにするタイプですか?

せっかく家にいる時間が長く取れるのなら、普段やれていない部屋の片づけや掃除をしては。

ズボラで料理をしない人も、スキマ時間でできるレシピはたくさんあります。甘いものが好きな人なら、デザート作りに挑戦するのもいいかもしれません。

思い切って部屋の片づけができると、気持ちがリフレッシュしそう。

家事力が上がれば、好きな人も前向きに結婚を考えるかもしれませんよ。できた料理を写真に撮って、彼にLINEで送ってみては?

(3)一日のスケジュールを立てる

一日のスケジュールを立てる

一日の予定をあらかじめ立てて過ごすと、気持ちにメリハリが出そうです。

たとえば、午前中に仕事を片付けて、お昼過ぎに買い物。夕飯まで映画鑑賞や読書の時間にして、夜は学習時間に充てるなど。

暇ができるたびに、彼とLINEをするのも悪くありませんが、ちょっと時間がもったいないもの。

彼とビデオ通話をする時間を前もって決めて、彼と過ごす時間が確保できたなら、あとは自分の時間を充実させましょう。

しっかり者の印象が根付いて、付き合いが長い彼なら、前向きに結婚を考えられるかもしれません。

おわりに

好きな人に会えない日々が続くと、寂しくなってしまう女性も多いでしょう。

しかし、そんな会えない期間にお互いの成長にできたらいいですよね。

会えない時間を乗り越えられれば、これまで以上にもっといい関係になれるはず。

ぜひ寂しい気持ちをバネに、いい恋をしてくださいね。

(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)