新型コロナ感染拡大を受けて、好きな人と会えず、寂しい思いをしている女性は多いのでは。

また、好きな人との関係に不安を抱いている女性もまた多いかもしれません。

外出自粛モードのなかで、好きな人とどうしたら前向きに付き合えるのか。

今回は、寂しい思いをしている女性が考えたいことをまとめてみました。

外出自粛モードでも、彼氏と前向きにお付き合いするコツ

(1)近い将来の約束をする

好きな人と結婚や同棲する話が出ていたなら、状況が落ち着いたらご両親に挨拶に行く。

はたまた、不動産を見に行くといった、現実的な約束をこぎ着けてみては。特に結婚や同棲といった問題は、タイミングが大事です。

関係に応じた付き合いをしていくためにも、ふたりがその気になっているときに行動したいですよね。

ほかにも、状況が落ち着いたら、お互いの友達を交えて食事をするとか。普段から行きたがっていた場所に、足を運ぶ約束をするとか。

なにか、付き合いの励みになるような約束を、ふたりで作ってみてください。

そうすれば、会えない日が続いても、不安な気持ちになることを防げそうです。

(2)リアルタイムで行動を共にする

日頃LINEなどでメッセージやビデオ通話をして、好きな人とやり取りをしている女性も多いのでは。

でも、単にやり取りをするだけではなく、たとえばビデオ通話をしながら料理を一緒にするとか。

Skypeなどで画面共有をしながら、テレビや映画を一緒に見るとか。

なにかリアルタイムに行動がともにできると、一緒に過ごしている感覚を味わえそうです。

勉強している風景をビデオ通話で流しながら、お互いに勉強する時間を確保するとか。

生活の一部を彼と共有できると、寂しさも払しょくできますし、充実感も得られるのでは。

ぜひ工夫して、外出自粛生活を彼と一緒に乗り越えましょう。

(3)ストレートな思いを口にする

(3)ストレートな思いを口にする

「好きな人と会えない日々が続いて寂しい」「好きな人の肌に触れたい」そうした気持ちを、彼に積極的に伝えていますか。

普段なら恥ずかしくて言えないセリフも、外出自粛モードのいまだからこそ、思い切って伝えてみては。

「早く〇〇くんと会って、〇〇したい」「このところ、寂しさがずっと続いている」など。

案外クールに見える彼も、あなたの言葉を受けて、思いがけない発言をするかもしれません。

両思いなら、寂しい気持ちは彼も同じ。「自分だけではない」と、前向きに考えたいですね。

おわりに

彼と会えない日々が続くと、つい関係が不安になってしまうかもしれません。

でも、いまが我慢のときです。

外出自粛だからといって、あれこれと考え過ぎず、前向きに過ごしてくださいね。

(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)