仕草

男性は、私たち女性が思っているよりもずっとずっと女性のことをよく見ているもの。

雑誌やメディアなどでも、よく「男性が好きな女性の仕草」について特集されていますよね。でも、男性が本当に求めているのは、それらに載っている王道のモテ仕草だけではないのです。

今回は「ちょっと意外な」、男性が好きな女性の仕草についてご紹介します!

えっ、これが好きなの?男性にヒットする「意外な女性の仕草」

1、何気なく腕を上げる

邪魔な髪をまとめるとき、デスクワークに疲れて伸びをするとき、高いところの物を取るときなど、アナタが何気なく腕を上げる瞬間が、実は男性にとって萌えポイントになっているよう。

腕を上げたときの、腕から腰にかけてのラインがたまらないのだそうです。

確かに横から見た時の背中のラインが丸みを帯びている感じは非常に女性的ですよね。

胸が強調されるのもポイントかも(笑)

しかしそこまで見られているとはビックリです……これからは高いところに手が届かなそうでも、すぐに諦めずにチャレンジしてから男性に頼むようにしてみましょう。

ちなみに腕にもポイントがあって、二の腕がぷにっとしているとイイそうです。

よく女性は二の腕の太さを気にして痩せようとしますが、男性にとってはむしろ女性が気にしている太さくらいの方が好きなのかもしれませんね。

胸や足の露出が苦手でも、二の腕が出る服を着るだけで案外男性の心を掴めるかも?夏場になったら冷えに気をつけつつ、思い切ってチャレンジしてみましょう。

2、髪を下ろす・上げる

「え?ポニーテールの方が好きなんじゃないの?」と思ったアナタ。

そうですよね。多くのメディアで、男性は女性が髪を上げているときの方が萌えると言われています。

これを信じて、体育祭などでポニーテールにした経験がある女性も多いのでは?

しかし本当のところ、「髪を上げているか下ろしてるか」はあまり関係がないようです。男性がキュンとするのは、「上げていた髪を下ろすとき」や「下ろしていた髪を上げるとき」のような、オン/オフの切り替えが見えるところ。

学校の男子が授業中だけメガネをかけているところに萌えるのと同じ原理ですね。

そして特に髪を下ろす瞬間というのは、オンからオフになる、素のアナタが見えるのでイイらしいです。

とはいえ、うなじや鎖骨が好きという声も多いですから、どうしたらいいものやらって感じですよね(笑)

1日髪を上げて過ごして、1日の終わりが近くなったころに髪を下ろすのがベストということですかね。

ちょっと疲れた雰囲気を見せたら、心配して声掛けてもらえるかも?

3、手で口元をかくす

えっ、これが好きなの…?男性にヒットする仕草3つ

眠くてこっそりあくびする時、笑う時、寒くて手に「ハーッ」と息を吹きかける時などなど!

口元を手で覆う仕草が男性の心をグッとつかむポイント。

あくびをする瞬間は素に返った感じがしていいんだとか。

ちゃんと口元を隠す姿が女性らしく上品なだけでなく、はかなげな感じがして守ってあげたくなるのかもしれませんね。

筆者は個人的に手で口を覆って笑った時に口の端っこがちょっと見えるのがとても素敵だと思うんですが、男性はどうなんでしょうね~。

ちなみに心理学によると手で口を隠す癖がある人は何かを隠したがっている、秘密主義者とも言われてるそうです。

芸能人がよくやる仕草だそうで、癖でやるようになったら、ミステリアスに見せられるかも?

そこまで女性らしさや魅力的な演出を心掛けずとも、マナーとして口元を隠すというのは大事なことです。

当たり前にマナーを守ってさらに男性にキュンとされたら、とてもお得でいいですね(笑)

ポイントは、自然体の自分

メディアでよく取り上げられるのは「ボディタッチ」や「髪を耳に掛ける」など意識的にやろうと思えばできることが多く、あざとくも見える仕草が多いですよね。

しかしこれらの仕草は意識しなくても普段から普通にしてることばかり。

男性は案外あざとく見せてほしいのではなく、普段から女性をよく見てていろんな仕草からあざとさを勝手に感じているのかもしれません。

無理に可愛く作ろうとせず、普通に過ごしてみましょう。

(愛カツ編集部)