好きな人と付き合うことができても、なかなか相手に甘えられない……。そんな悩みを抱えることもあるかと思います。

普段は甘えん坊な女性でも、彼氏のタイプや関係によっては、甘えることが難しい場合もあるかもしれません。

そこで今回は、彼氏に素直に甘えるためのコツを考えてみました。

考え過ぎないで。大好きな彼に「素直に甘える」ためのコツ3つ

LINEで気持ちを伝える

彼が受け身なタイプだったり、まだ付き合い始めたばかりで、彼との関係がぎこちなかったりする場合。

あなたのほうから積極的にアクションを取らなければ、関係は平行線のままかもしれません。

スタンプを交えながら、寂しくなったり、不安になったりしたとき、メッセージを送ってみてください。

そうするだけでも、自分の気持ちはだいぶ解消されるはずですよ。

両想い、または付き合っているなら、相手もあなたのアクションが嬉しく感じられるでしょう。

大事なのは、自分からアクションを取ることです。いつまでも待ちモードでは、彼からの連絡はずっと先になってしまうかもしれません。

思い切ってスキンシップを取る

言葉以上に、人肌から相手の気持ちが伝わることは多いもの。

たとえば、なにも言わず彼をツンツンするとか、無理に「寂しい」「もっと甘えたい」と理由を話さなくてもいいので、彼の手を握ってみるとか。

あなたの気持ちを、行動で示してみてください。お付き合いをしている彼なら、あなたが何を考えているのか察してくれるはずです。

あなたの小さな変化も、感じ取ってくれるかも。

ときにはあれこれ考えず、自分の思うまま彼に甘えてみてもいいかもしれません。

甘えることで関係が深まり、お互いのことが知れることはたくさんあります。

まずは、思い切ってスキンシップから甘えて、少しずつ甘えるハードルを低くできるといいですね。

気になったことを聞いてみる

甘えられない女性ほど、「甘えたら迷惑なんじゃ……」と考えて、ついひとりで我慢してしまいがち。

でも、甘えることは本来とても気軽なことのはずです。

相手を頼りにしたり、甘えたりするのは、コミュニケーションの一環です。

大胆に甘えるのが難しいのであれば、相手のことで気になることをそれとなく聞いてみるのもおすすめです。

これは甘えることと同じくらいの効果があるはず。

「重たいと思われるのがイヤ」など、あまり深く考えず、気楽な気持ちで彼とやり取りしてみて。

おわりに

「彼にうまく甘えられない……」そんなときは、こうしたスタンスで甘えてみてはいかがでしょうか。

気が向いたときだけでもいいので、ぜひ自分の素直な気持ちを大事にしてくださいね。

(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)