付き合って最初の頃は「次のデートはいつにする?」としょっちゅう連絡をくれていたのに、最近は全然そういう連絡が来ない……。

あとは、こちらからデートに誘ってもあまり乗り気なことがない……。

そんなことがあると、相手の気持ちがわからなくて不安になってしまいますよね。

彼氏が自分から「会おう」と言わないのはどんな時なのでしょうか?今回はその本当の理由についてご紹介します。

彼氏が「会おう」と言ってくれないときの本当の理由

不満を伝えている

「自分から会いたければそりゃあ、誘いますよ。それをしないのは、相手に対して不満があるときですね。察しの良い子だと、しばらく会おうって言わないだけで自分の悪いところを見直してくれるから、一番楽なんです」(29歳/コンサルティング)

やっぱり「会おう」と言ってくれなかったり、デートに誘われる回数がいきなり減ったなら、それはあなたへの気持ちの変化の現れと見ても良いかもしれません。

直前のデートやLINEでのやり取りを思い返して、何か不満を持たせるようなことがなかったか考えてみましょう。

精神的余裕がない

「自分の方に会っても相手を喜ばせられるような精神的な余裕がない時には、どうしても会おうって言いづらくなっちゃいますね。だって、会ってもあまり楽しい気分にはならないだろうし」(31歳/教育)

仕事や人間関係などで追い詰められてしまっている時にも、あまり会いたいとは言えなくなってしまうようです。大好きな人につまらなそうな顔を見せたくないとか、心配をかけたくないという配慮をしてしまうためです。

仕事を忙しそうにしていたり、弱音を吐く場面があったなら、このパターンかもしれません。

自然消滅を狙っている

「別れるのって直接言うのも大変じゃないですか。何となく相手と相性が良くないなとか感じたら、しばらく自分からは連絡を取らなかったり、デートを続けて断ったりして、あわよくばそのまま自然消滅してくれないかなぁって思うことがあります」(25歳/ゲーム)

彼が特に仕事などが忙しくなさそうなのに、あなたに連絡すらしてこないなら、別れたがっているサインかもしれません。

確かに別れるのって振った方からしてもしんどいです。その労力を使いたくないというのが本音でしょう。

面倒

「うーん、別に特に不満とかがなくても面倒で会おうって言わないことはありますね。だって会おうってなったら、やっぱり外に出かけるわけでしょ。それって疲れるし。行く場所を考えたり、お店を予約したりするのも結構な手間なんですよ」(30歳/販売)

デートの予定を立てることや、デートで外に出かけること自体が面倒くさいという理由で会いたいとは言ってこない可能性もあります。

このタイプの男性は、ただ面倒くさがっているだけなので、あなたが予定をすべて決めて彼はついてくるだけでOKと道筋を示してあげれば、会ってくれるかもしれません。

おわりに

付き合っているのに、あまり会いたがらない彼……。それが1回や2回なら、なにか疲れるようなことがあっただけかもしれません。

とはいえ、愛している人と会えることは活力をもらえることでもあるハズです。危機感を持って、問題を見つけて、早めに対処する必要がありそうですね。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)