感染拡大防止のため、以前よりも家にいる時間が増えた人も多いと思います。

そんな時、気になる男性にLINEを送りたくなってしまうことも多いのではないでしょうか?

男性とLINEで仲良くなりたいのにイマイチ盛り上がらなかったり、既読スルーされてしまったりしているなら、男性に「もうLINE送らないで」と思われている可能性もあります。

ここでは、男性の元気を奪うNGなLINEをご紹介します。

「もうLINE送らないで」男性の元気を奪うNGなLINEとは?

不安感が溢れている

新型コロナウイルスの感染拡大や、社会全体の経済活動の縮小で、多くの人が不安を抱えています。

そんなとき、気になる男性とLINEして、不安を紛らわせたいという気持ちを抱く女性も多いでしょう。

ただ、不安なのは男性も同じです。

そのため、LINEで「はぁ、これからどうなるのかな」とか「毎日が不安。どうしよう」などといったネガティブな気持ちばかりを送っていると、相手もさらに不安が募ってしまいます。

好きな男性と不安を分かち合いたいという気持ちは分かるのですが、出口のないネガティブな話題は避けたほうがいいかも。

暗い内容ばかりを織り交ぜていると、彼は無意識に「あなたからLINEが来る=不安な話題」と感じてしまうからです。

次第にあなたからのLINE通知が来るだけで「うわっ……」とネガティブモードに入ってしまい、「もう送って欲しくない」と思われてしまいかねません。

強引なポジティブさ

先程とは逆に、男性が少し弱音を吐いてしまったときなど「そんなこと言ってちゃダメ!」や「しっかりしなきゃ!」など、無理にポジティブにさを見せるのもNG。

意外に思われるかもしれませんが、相手は自分の思いを否定されたと感じることもあるからなのです。

まずは「そうだよね」と彼の気持ちを受け入れたうえで、「一緒に乗り越えようね」とか「悪いことにも必ず終わりが来るよ」と励ますのはOKですよ。

励まそうとの思いから「弱気にならないで!」などと叱咤激励のようになると、弱音を吐いた男性は自分が情けなくなったり、悲しくなったりしてしまうかも。

落ち込んでしまい、気軽にLINEでやりとりするのは気が進まない……と思われてしまっては逆効果ですよね。

男性が不安を口にした場合、まずは相手の気持ちに寄り添うことで優しさを示しましょう。

周囲への批判

LINEで送らない方がいい内容は?

新型コロナウイルスにまつわる話題には、ささいなものからスケールの大きなものまでさまざまです。

なかでも政治批判や自粛しない人への批判などについて、自分の意見を持つのは良いのですが、LINEで女性とそのような話をしたいという男性はあまりいないかも。

そういった内容は人それぞれ考え方が異なるので、慎重にした方が良いという意味もあります。

周囲への批判を彼に訴えることで、あなたの真剣さよりも「なんか怖い女性だな」といった印象がついて誤解されてしまうこともあるでしょう。

それに、せっかく女性とLINEをする時間、男性はもっと気持ちを和ませたいと考えるものです。

批判的な意見をLINEで好きな男性に送るのは、恋愛においてはメリットがあまりないと言えます。

個人の価値観に関わる内容の話は、付き合いが深くなってからでも遅くないかもしれませんね。

まとめ

ここで挙げたような内容のLINEは、お互いに恋愛対象外である「男友だち」相手ならまったく問題ないものばかり。ただし恋愛となると別なようです。

やはり男性の多くは、恋愛対象として見ている女性とはロマンティックな時間を共有したいという願望を持つ場合が多いもの。

いつか付き合いたいと思っている男性に対しては、LINEを送る場合も内容に気をつけてみてくださいね。

(かりん/ライター)

(愛カツ編集部)