恋をしようにも「そもそも好きな人ができない……」「私にはもう恋ができないんじゃないか……」なんてお悩みのあなた。

そんなことはありませんので大丈夫。

たぶんいろんな経験をしたり、見たり聞いたりする中で、少しだけ「好きになる」のがわからなくなっているだけ。

そこで今回は、少し凝り固まっているあなたの「好きになる」モードをほぐすために、明日からすぐにでもできることをお話したいと思います。

好きな人ができない……いま、なにをするのが正解?

「良いところを探す」ゲーム

「好きになれない」ときは、相手のマイナス部分だけを見つけてしまっていることが多いもの。

とはいえ、「相手の良いところだけを見てあげて」と急に言われても難しいですよね。

そこで、どれだけ小さなことでも「ひとつ」良いところを見つけるゲームをしてみてください。

本当に小さなところでOK。

「食べこぼさない」とか「信号を守る」とか……。

ゲームなので、意中の男性に限らず、上司や女友達でもいいかもしれません。

そんな良いところがあるんだから、「好きになれるでしょ」ということではないのです。

これはマイナス部分だけ見る習慣から、少し脱出する方法のひとつ。

どんな相手でも「良いところ」を見つけることができるようになれば、「好きになれるような」良いところも見つけやすくなるはずです。

「好き」の範囲を広げる

あなたにとって「好き」とは、どんな状態をイメージをしていますか?

「相手に夢中で何も考えられない……」のように「好き」のハードルが上がりすぎてはいないでしょうか?

もしくはちょっとキュンとしたくらいでは、「好き」と表現してはいけないなど、「好き」と言える範囲が狭くなりすぎてはいないでしょうか?

「好き」=「燃え上がる」ではありません。

「心地よい」「悪くない」というのも「好き」と見てOK。

自分の中の「好き」の定義を一度考えてみてください。

「好き」=「結婚」ではない

「好き」=「結婚」ではない

少し気になる人ができても、「好きだけど、人生の伴侶?と言われると……」と考えていませんか?

そういう場合は「好きな人ができない」が「結婚するほど好きな人ができない」と、同じになっているかもしれません。

多くの人は最初から、「この人と結婚するんだ!」と思いながら好きになっていません。

好きになったあとに、「この人となら……」と思う瞬間がやってくるよう。

その人とつき合うかどうかは別にして、「好きだな」と思ったら「好き」と思っていいのです。

「好きだけど結婚するほどじゃ……」と「好き」の気持ちごと無かったことにしないでくださいね。

おわりに

「好き」を真面目に、真剣にとらえすぎている人ほど、「好きになれない」と悩んでしまうのかもしれませんね。

もう少し気楽な気持ちで「好き」な気持ちを大切にしてもいいと思いますよ。

(矢島 みさえ/ライター)

(愛カツ編集部)