最近は草食系男子も多くなり、女性からのアプローチも大切になってきました。

思い切った告白はできなくても、ちょっとした発言で男性の気を引けるかどうかが、恋愛を上手にすすめていけるかどうかの分かれ目。

そこで、どんなフレーズを言えば男性がドキッとするのかをご紹介します。タイミングを見計らって実践してみてください。

胸キュンしちゃう!男性が女性にいわれて「思わずドキッ」としたフレーズ

「もしも、私たちが付き合ったら~」

まずご紹介するのは「もしも」の話題。

特に「もしも私たちが付き合ったら」というフレーズをキーワードにして会話を盛り上げてみてください。

例えば、「もし私たちが付き合ったら、みんなびっくりするかな」とか、「私たちが付き合ったらどんなデートをしてみたい?」など。

「もしも」の話なので、「俺に気があるの?」と言われても「もしもの話だよ」と言い訳ができるのもポイントです。

この会話を繰り広げていくだけで、男性は本当にその人と付き合っているかのような気分になるため、恋愛が自然と発展してきます。

「もっと一緒にいたいんですけど~」

男性に向かって「もっと一緒にいたい」というのは恥ずかしいもの。

「それって告白と一緒じゃん」と思う人もいるはず。

そこで、ちょっと拗ねた感じで「ちょっと~、もっと一緒にいたいんですけど~」と言ってみてください。

照れを隠している感じがツンデレ的な効果を発揮して男性に突き刺さります。

しかし、誰にでも言っていると思われると逆効果になってしまうため、ここぞというときに使うフレーズとしてストックしておいてくださいね。

「こんなの初めて!」

「こんなの初めて!」というフレーズもかなり効果的。

男性は一番になりたいという欲求を持っている生き物で、他人と比べて自分が何番かということに興味を持つ傾向があります。

逆に女性は他人と比べられるとやる気をなくしてしまう傾向があるので、この気持ちは女性にはあまり理解できないかもしれません。

ですが、このポイントをくすぐるのはとても有効です。

そのため、「こんな美味しい料理を食べたの初めてかも!」とか「こんなきれいな夜景を見たの初めて!」といった感じで、男性の喜ぶフレーズを言ってみるといいでしょう。

「あなたがしたいって言うならいいよ」

最後にご紹介するフレーズは、「あなたがしたいって言うならいいよ」です。

例えば、和食を食べるか洋食を食べるかで意見が別れたとします。

そんなときに、「あなたが食べたいって言うならいいよ」といった感じで使ってみてください。

これにはポイントがあって、「私もそれがしたいからいいよ」と男性の意見に賛同するのではなく、「あなたが出した結論ならいいよ」という感じで使うのがおすすめ。

たとえば、「キスしていい?」と聞かれた時に「いいよ」と単に答えるのではなく、「あなたがしたいっていうならいいよ」というと男性に突き刺さります。

小悪魔的な思わせぶりなフレーズが効果的

男性が小悪魔女子に振り回されていまうのには理由があります。それは思わせぶりなフレーズにドキッとしてしまうから。

分かっていてもベタなフレーズが効果的なのです。そのため、素敵な男性が現れたら使ってみてください。

(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)