天然と言われる女性は男性に好かれるもの。

ド天然までいってしまうと常識が通じなくなって引かれてしまうこともありますが、少し天然が入っていてドジをしてしまうくらいは、ちょうどいいと言えるでしょう。

そこで、どの程度の天然ぶりと適当さが、男性に好かれるのかをご紹介します。

やりすぎには注意ですが、ちょっと意識してみるといいかもしれません。

適当さがいい!天然ぽさが萌える女性の発言

言い間違い

「仕事仲間の女性が、『リノベーション』って言うから一人暮らしをしているアパートの話をしているのかと思ったら、『イノベーション』と言いたかったらしく、キャリアウーマンのドジに親近感をいだきましたね」(Rさん・28歳男性/会社員)

日頃はクールでビシっと仕事をする人が、プライベートではちょっと抜けていると男性からモテます。

服の前後が分からなくなる

「知り合いの女性がジャケットの上着を脱いで椅子の背もたれにかけていたんですけど、ちょっと肌寒くなったのかそれを着ようとして『あれ?これどうなってんの?』って服の前後が分からなくなって、首をかしげていた姿は可愛かったです」(Rさん・30歳男性/会社員)

たまに服を着たら前後が逆だったり、裏表が間違ってしまうことありますよね。

Tシャツを着ようとして必死に頭を入れていたら、服の袖の部分だったとか。

男性に笑われてしまったら、「ちょっと恥ずかしいから見ないで~!」と恥ずかしがると効果的です。

靴下の左右が違う

「この前、デートで居酒屋のお座敷席に通された時に、女性がブーツを脱いだら左右の靴下が違っていたことがありました。『あ!』って女性もその時気がついて、『恥ずかしいから、あっち向いてて!』って必死になっている姿は萌えました」(Tさん・27歳男性/消防士)

家を出る時に急いでいて、ベランダに干してあったものを慌ててとって、履いたら左右で柄が違っていたなんて、失敗も男性からすると可愛く見えるようです。

「こういう女性は守ってあげたくなる」という意見もあり、男心をくすぐられることが分かります。

しかし、靴が左右で違うくらいの失敗はさすがに男性も引いてしまうので注意してください。

方向音痴

「女性って方向音痴な人が多い気がするんですけど、『あれ~? これどっち~』とかいって困った顔をしているのは可愛いですね。彼女にまかせて歩いていたら、元の道に戻ってきたときは笑いました」(Wさん・32歳男性/会社員)

デートで道を間違えてしまう失敗はよくありがち。

最近はスマホで行き先を案内してくれるので迷うことはあまりないかもしれませんが、「方向音痴だから、案内は任せてもいい?」と男性に甘えてみる手も効果的です。

「迷いそうだから」といって手を握る口実にしてもいいでしょう。

できないことがあるが隙きの秘訣

真面目でしっかりしている女性は頼りがいがあるのですが、男性ウケがあまりよくないことがあります。それは男性が入り込む隙きがないから。

ちょっと適当で、できないことがある方が「俺がやってあげる」となって男性と距離を縮めることができます。ぜひ参考にしてみてください。

(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)