彼氏や好きな男性とも、コロナについて会話をすることがあると思います。

そんなとき、女性が何気なく口にしたことで、コロナ対策している男性が傷付いてしまうことも……。

ここでは、「コロナのせいで彼ともギクシャクしてしまった」なんてことにならないために、コロナ対策している男性に言ってはいけないNG言動を知っておきましょう。

それNG!コロナ対策している男性が傷付く「女性からの言葉」

「気にし過ぎ!」

コロナ対策については、様々な情報があります。そのため、人によっては「そこまでしなくても」と感じることもあるでしょう。

ただ、本人が一生懸命対策していることを「気にし過ぎじゃない?」などと笑われたりすると、とても傷付いてしまうものです。

彼氏や好きな男性が、感染予防として行なっていることを否定したり、バカにするかのような「気にし過ぎ!」という言葉。

親しい相手にほど言ってしまいそうですが、気軽に口にしないように気を付けてくださいね。

「意外と小心者だね」

警戒して予防するに越したことはないのに、小心者と言われてしまうとは……。

男性は、このように言われると、まるで「小さい」とか「意気地なし」と言われているようでショックを受けてしまいます。

この言葉は、コロナに関わらず、普段から男性が決して女性に言われたくない言葉でもあります。

こんなことを言うことで、かえってあなたが相手の男性から「無神経な女!」と思われて軽蔑されてしまうかもしれません。

「もっとちゃんとして!」

「もっとちゃんとして!」

あなたから見て、彼の行動に不安を感じたり、「予防になっていない」と感じることもあるでしょう。

でも、本人なりにちゃんとしているつもりなのかもしれない、ということも考えて、言い方には配慮したほうが良いですよ。

「もっとちゃんとして!」なんて言われると、自分が間違っていると言われているようで、かえってムキになり「ちゃんとしてるだろ!」と、ケンカになってしまいかねません。

何事も、女性に上から目線で怒られたらショックを受ける男性は多いです。注意したいことがあったら、「もっとこうした方が良いかも?」などと、優しく教えてあげてくださいね。

こんなコロナ禍は嫌だ!

生まれてはじめてのこの状況下、多くの人が神経を尖らせていることが予想されます。

だからこそ、ちょっとした言葉にもショックを受けやすくなっています。特に男性は、女性が思っているよりも実は繊細な心の持ち主が多いもの……。

不用意な言葉のせいで、彼氏や好きな人と仲が悪くなってしまったというコロナ禍は、ぜひともしっかり予防するようにしましょう。

(かりん/ライター)

(愛カツ編集部)