お泊りデートは楽しいけれど、いつもゲームやテレビを観て過ごすばかりでは退屈に感じることもありますよね。

せっかく二人きりの時間ですから、楽しく過ごしたいもの。

今回は、お泊りデートのときにやってみたい「楽しい時間の作り方」を探ります。

お泊りデート!彼とやりたい「楽しい時間」の過ごし方

未経験ゲームで対戦

ふたりでゲームをやるのは定番かもしれません。でも、あえてお互いがルールも何も知らないゲームにトライしても楽しいですよ。

ルールを知らないゲームをやるのは、楽しい反面ストレスにもなるので、彼の意外な側面が発見できるのではないでしょうか。

二人そろって仲良くクリアできたら、関係性ももっと深いものになるかも!

部屋の模様替えをする

意外と楽しめるのが、部屋の模様替えです。

部屋全体を模様替えするのが大変という場合は、ひとつの空間だけ季節に合わせてデコレーションしてみてはいかがでしょうか?

ふたりでテーマを決めて、100円均一で材料を買ってきたり、材料から手作りしたり。

額縁だけ用意して、中に飾る絵を描くのもおすすめです。

でも、絵やデコレーションのクオリティを追求し過ぎるとケンカのもとにもなってしまいます。

楽しめる範囲内で部屋に変化をつけると、きっと気持ちもワクワクしてくるはずですよ。

ふたりで料理づくり

おうちデートをさらに楽しむには?

彼と一緒にキッチンに立って料理をするのも楽しいもの。ふたりならばテーブルでできる料理もおすすめです。

家にカセットコンロやホットプレートがあれば、ホットケーキミックスでクレープを作ったり、餃子の皮を使ったピザなども良さそう。

クレープは、ホットケーキを作るときと同様のやり方で、ホットケーキを作るときに使う倍の量の牛乳・200mlを入れ、生地を薄く伸ばせばOK。

餃子の皮を使った料理は、チーズやハムなど、家にあるものを何でものせたり、巻いたりして焼くだけなので、残り物の整理にもなりますよ。

夏は果物などを贅沢に用意して、かき氷なども楽しそうです。

ひたすら読書会

本やマンガ好きなふたりにおすすめなのは、お気に入りの本やマンガを交換して楽しむ読書タイム。

せっかく一緒にいるのに、活字を追いかけているだけなんて「時間がもったいない!」と思う人もいるかもしれません。

でも、お互いにお気に入りの本を交換して読むので、実は時間や思いはバッチリ共有できるのです。

たとえばクスっと笑える系のマンガや小説の場合、どこが笑いのポイントなのかを知れて、その違いに会話が弾む場合も。

同じ空間にいながら別のことをしているけれど、一体感もある。そんな時間が逆に新鮮に感じられるはず。

ふたりで絵本づくり

でき上がった絵本をプレゼントし合うつもりで作ると、お互い気合いが入りそう。

材料は「絵本づくりキット」などが通販サイトなどでも売っているので、それを使うのも手ですが、コピー用紙を半分に折りたたんで作ることも可能。

凝り出すととても時間がかかるので、時間を区切って進めるといいでしょう。

色鉛筆などで色をつけてみたり、表紙だけキレイに飾ってみたり。ラストだけ決めて、お互いが描き終わったら2冊を1冊にまとめて、両方から読めるようにしても楽しそうですね。

ふたりで作る絵本には、絵の上手・下手はあまり関係ありません。むしろ下手なくらいのほうが面白い!

ぜひ試してみてくださいね。

近い将来デートで行く場所を決める

数か月先の予定を考えると、ワクワクするもの。そこで、数か月後に行きたいお店や場所を、ふたりで決めて予約してみるのはどうでしょうか。

いつもよりちょっと高めのお店や、日帰り旅行など、特別だけど頑張りすぎない場所。まずは大体の予算を決めて、お互いに何をしたいか考えを出し合ってみましょう。

予約先が決まったら、それに向けて洋服を用意するなど、やることは山積みですね。

お家デートばかりで少しマンネリ気味な場合にもおすすめです。

(なつくま/ライター)

(愛カツ編集部)