ちょっとした一言で彼がいじけてしまったり、怒ってしまうことってありませんか?

実は男性と女性では、怒りのポイントが全く異なります。

あなたも気づかないうちにこんな言葉を発していないか、ぜひチェックしてみてください。

気を付けて!男性を一瞬で怒らせてしまう一言

仕事に必要以上に言及する

「話を聞いてくれるのはうれしいけど、『もっとこうしたら?』とか『それはダメだよ!』とか指摘されるとイラっとしてしまう。自分でもわかってることだから、こっちからアドバイスを求めない限りは放っておいてほしい」(32歳/広告)

彼のことを思って指摘したり、アドバイスしてしまうことってありませんか?

この行為、実は絶対NG。基本的に男性はプライドが高い生き物です。

(どんなに穏やかに見える男性でも)そのプライドを少しでも傷つけると、黙り込んでしまったり、怒りに変わってしまいます。

仕事の話はとにかくひたすら、聞き役に徹してあげることが重要ですよ。

意見を否定する

「何を言っても、でも……と否定から入る子が一番苦手。話したいことがあっても、次からは話すのをやめようと思ってしまう」(25歳/営業)

こちらも、女性はよくやってしまいがちですよね。

とにかく、想像よりも繊細で傷つきやすいのが男心。

否定しているつもりはなくても、言葉尻や言い方などから「否定されている」と感じてしまう男性も多いようです。

彼の機嫌が悪くなったときは、相手を否定するような言動をしていなかったか、ぜひ注意してみてください。

他の男性と比べる

「好きな子であればあるほど、他の男の話題は出してほしくない。嫉妬させようとしてるのかもしれないけど、そうだとしたら逆効果」(29歳/通信)

「比べる」という行為も男性のプライドを大きく傷つけてしまいます。

「元カレは〇〇だったのに」とか「〇〇君は彼女に指輪プレゼントしてたのに」なんて、何気ないあなたの言動が彼の不機嫌の原因かもしれません。

一度や二度ならば彼もスルーしてくれるかもしれませんが、気を付けないと信頼を失う原因になってしまいます。

たられば

「車で道を間違えたときに、だからあの時曲がればよかったじゃん、と彼女に言われてそこからのデートが最悪だった。」(27歳/製造)

こちらも女性は、無意識にやってしまいがちですよね。

「道を間違った」という事実だけでも大袈裟ですが、男性のプライド的には許せないことなのです。

そこに輪をかけて「こうしてれば」「ああしていれば」なんて言葉をかけてしまうと、どうなるかはもうおわかりですよね。

おわりに

総じて男性が不機嫌になったり怒る原因は女性と違い、「プライドを傷つけられた」場合がほとんどです。

ポイントを知っておくことで、些細なケンカは回避できます。ぜひ参考にしてみてください。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)