「俺のこと嫌いなのかな?」と感じるような言動を取る女性のことは、男性としても好意を持てないはず。

だからこそ、気になる男性には、そういった不安や誤解を与えてしまうことがないようにしないといけません。

そこで今回は、女性に対して男性が“不安を感じる”瞬間を紹介します。

嫌われてるのかな…女性に対して男性が「不安を感じる」瞬間

話を適当に流される

女性が自分の話を真剣に聞いてくれている感じがしないと、「俺に興味がないのかもな」と男性は思うでしょう。

あまり視線を合わせなかったり、相づちがずっと同じだったり、何も意見を言わなかったり…。

そういった行動は「適当に流されている」と思われてしまうので、いくら好きな男性の前で緊張していたとしても取ってはいけません。

目を見てリアクションを取るだけでも、男性に与える印象は大きく変わるので、まずはその2つを心がけるようにしてください。

明らかに連絡回数が減る

男性は過度に連絡をされると鬱陶しく感じるものですが、いきなり連絡が減ると不安を覚えるもの。

「俺に飽きたのかな?」とか「他に好きな男ができたのかな?」などと、色んな誤解も生じてしまうかもしれません。

連絡ができない理由があるのなら、それをきちんと男性に伝えれば安心してもらえるはず。

男性のほうから連絡をしてきてくれるようになったからという場合は、それでもときにはあなたからも連絡をしてあげないと、男性を疑心暗鬼にさせるだけですよ。

あまり近くに来ない

あまり近くに来ない

緊張と恥ずかしさから、好きな男性にはなかなか気軽に近づいたりはできないでしょう。

でも、自分の近くに来てくれることがない女性からは、男性は自分への好意など全く感じられません。

むしろ、「嫌がられている」とか「遠ざけられている」といった印象を抱いてしまうはず。

自分からあいさつをしたり、なんでもいいから話しかけてみたりして、嫌がって避けているわけではないことは、ちゃんと示したほうがいいですよ。

どこかに感じる

いつまでも堅苦しい敬語だったり、事務的な対応だったり、反応が素っ気なかったり…。

そういったどこか“他人行儀”な接し方を女性からされると、男性は距離を取られていると感じます。

もちろん最初のうちは仕方がないですが、徐々に打ち解けた部分も出していかないと、男性もあなたにはあまり近づいてきてくれなくなるかも。

男性が少しずつ砕けた様子を見せてきているのなら、あなたと仲良くなりたい証拠でしょうから、それには応えてあげるようにしてくださいね。

おわりに

好きな男性を前にすると、緊張してなかなか自分が出せなくなるのは仕方がありません。

ただ、ずっとそういった状態でいると、「嫌われてるのかな?」と男性は感じるものなので気をつけてくださいね。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)