気になる男性からLINEの返信があまりこない場合は、ちょっと注意をしたほうがいいかもしれません。

返信する気がなくなるようなメッセージを、あなたが送ってしまっている可能性もあります。

そこで今回は、男性が返信する気になれないLINEの特徴を紹介します。

ひとまず後回し…男性が「返信する気になれない」LINEの特徴

重くて“長い”

すごく長い文章のメッセージがくると、その圧迫感でちょっとゲンナリしてしまうもの。

しかも、メッセージの中身が重い内容のものであったら、男性もそう簡単には返信ができなくなるでしょう。

大事な話や真剣な相談などならまだいいですが、愚痴や不満を長々と書き連ねるのはNG行為。

好きな男性と会話がしたいのであれば、相手が苦痛に感じるような話はしないというのが大前提ですよ。

状況を無視している

LINEに返信ができるような状況じゃないときにメッセージが送られてきても、スルーをするしかありません。

特に男性は、仕事が忙しくて大変なときに、どうでもいい内容のLINEを送られると、イラ立ちも覚えるものです。

相手の置かれている状況を無視して、自分の言いたいことだけを言うのは、自分勝手だとしか思われないはず。

せめて仕事が終わったあとに、「今日もお疲れ様」と労いの言葉をかけてから会話を始めるくらいの気遣いは見せるべきですよ。

アプローチが激しい

女性から好意を示されたり、アプローチをされたりしたら、男性は素直にうれしいものです。

ただ、LINEで一方的に激しいアプローチを仕掛けられたら、ちょっと戸惑ってしまうことでしょう。

そして、次第にちょっと対応が面倒になってきて、返信をする気もなくなっていくかも。

せっかく勇気を出してアプローチをするのなら、追い詰めるかのように連続でメッセージを送ったりせず、会話をしながら徐々に距離を縮めていくほうが成功率も高いですよ。

返信のしようがない

返信する気になれないLINEの最たるものが、返信のしようがない内容のLINEです。

「今から仕事なんだ」とか「今日はラーメン食べたよ」などといったメッセージが送られてきても、「そうなんだ」としか言いようがありません。

こういったメッセージばかり送っていると、次第にスルーをされることも増えていってしまうはず。

男性は目的もなくダラダラとLINEをするのが苦手なので、聞きたいことや相談したいことなど、何かしらの理由を作ってメッセージを送るようにすると、すんなり会話をしてくれますよ。

おわりに

好きな男性とは、なんでもいいから話したいと思うことでしょう。

でも、それは相手にとっては面倒なLINEになっているケースもあるので、送る前に自分で気がつくことが大事ですよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)