好きバレしたくないけれど、気になる彼とLINEしたい……。

そんな思いからあれこれ考えた挙句、イタいLINEを送ってしまう人もいます。

自分的には「うまくやった」つもりでも、そのやりかたが逆に、重い、怖いと思われてしまうことも……。

そこで今回は、好きバレするよりも恥ずかしい「魂胆見え見えLINE」についてご紹介します。

好きバレより恥ずかしい!男性が警戒する「魂胆見え見えLINE」

無理やり用事を作った「こじつけLINE」

「同じ学部の子がしょっちゅう『明日〇限休校だっけ?』『テストの範囲どこだっけ?』などとLINEしてくる。でもHP見れば載っているし『そもそも授業ちゃんと聞いていないの?』って思っちゃいます」(21歳/大学生)

共通の話題を作るのはOKですが、無理矢理用事を作るのはどう考えても不自然。

しかも調べればわかるようなことは、聞いても嫌がられるだけでしょう。

1、2回ならいいですが、頻繁にこじつけLINEを送っていると、彼も不審に思いますよ。

間違って送ったor電話しちゃったフリ

「突然謎なLINEが入っていたので『どうしたの?』と送ったら、『ゴメン間違えて送っちゃった!』と言われた。内心『そうなんだ』と思い既読スルーしたら、『元気?』『最近何やってるの?』と質問攻め。間違いLINEがわざとらしく感じました」(25歳/教育)

酔っぱらったときも含め、一度はわざと「間違いLINE」を送った人もいるのでは? 

でもよっぽど純粋、もしくはあなたを好きじゃない限りは男性も警戒するかも。

最近では送信取り消しも機能もありますが、一度送った内容を消去されるって、やっぱり気になるものです。

“構ってちゃん”と見なされる恐れもあるので、どうしてものときだけ利用しましょう。

下ネタ系で釣ろうとする

男性ドン引き、ダメなLINEとは?

「聞いてもいないのに頻繁に『いまお風呂入ってる』とか、元カレとの夜事情を赤裸々告白してくる女子。俺とのやりとりを続けようとしてくれるのはありがたいけれど、“そういう子”としか見られなくなる」(30歳/営業)

脈がありそうな男子に「お風呂入ってた」はアリかもしれませんが、基本好意がない子から送られても効き目はナシ。

それどころか「随分グイグイ来るな……」と、彼に怖がられてしまうおそれも……。

下ネタ系は男性の食いつきもいいことが多いですが、それはあくまで興味本位なだけ。どんなにLINEを続けたくても、封印したほうがいいですよ。

おわりに

まずは「もし同じようなLINEが、男性から頻繁に送られてきたらどう感じるか」を考えてみましょう。

興味のない男性はもちろん、気になっていた彼からだとしても「なんか気持ち悪いな……。」と冷めませんか?

回りくどいことをするくらいなら「元気にしてる?」と、ストレートにLINEしたほうが彼らも返信もしやすいですよ。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)