好みのタイプではない女性であっても、次第に好意を抱くようになっていくことはあります。

では、男性は女性にどういったことをされると、気になるようになっていくものなのでしょうか。

そこで今回は、男性が次第に“気になってくる”女性を紹介します。

タイプではなくても…男性が次第に「気になってくる」女性

ちょこちょこと「連絡をくれる」

「定期的にLINEをしてきてくれる女の子とは、自然と仲良くなりやすいです。そのまま距離が縮まっていったら、こっちもどんどん気になってきちゃいます」(30歳/男性/営業)

過度に連絡をすると鬱陶しく思われてしまいますが、全く連絡をしなかったら存在を意識してもらえません。

しつこくならない程度に、ちょこちょことLINEを送るようにして関わりを持つことは大切。

何かしら連絡をくれる女性には、親しみや好意も感じるでしょうから、男性も気になるようになっていきますよ。

人づてに“好意”を聞いた

「『お前のこと好きみたいだよ』って友達から聞いたりすると、その女性のことが一気に気になるようになる。なんか急に自分の中で存在が大きくなりますね」(28歳/男性/音楽関係)

「○○ちゃんがカッコイイって言ってたよ」とか「あの子が褒めてたよ」なんて話を聞いたら、男性はその女性のことを意識するようになるもの。

直接言われるよりも、人づてに聞いたほうが、お世辞っぽさがないので真実味が増し、男性の喜びは大きくなります。

気になる男性の周囲の人たちに、好意や褒め言葉を伝えておくのは、じわじわと効果を生む可能性も高いですよ。

気さくに話してくれる

気さくに話してくれる

「よく話しかけてきてくれる女性とは打ち解けやすい。しかも、変に気取ったりせずに色々と話すことができたら、親密さもどんどん増していくかな」(29歳/男性/不動産)

気さくになんでも話してくれる女性には、男性は好印象を抱きやすいです。

自分に心を開いてくれている感じがするので、男性も次第に心を許せるようになっていくはず。

嫌われないようにと耳障りのいいことばかりを言うよりも、素直な気持ちを伝えたほうが、裏表がなく信用できる女性だと思ってもらえますよ。

最初に頼ってくる

「困ったことがあったとき、『どうしたらいいですかね?』って聞かれると、頼りにされている感じがしてうれしい。なんとかしてあげたいって思える存在になっていく」(31歳/男性/商社)

女性から頼りにされていると感じたら男性はうれしいですし、自分を頼ってきてくれる女性のことは、他の女性たちとは違った存在としてとらえます。

そのうえ、何かあったときに、誰よりもまず自分を頼りにしてくれたりしたら、「俺が守ってあげなきゃ」という思いにもなりやすいかも。

慕っている、頼りにしている、尊敬しているといった気持ちは、気になる男性にはきちんと示してあげたほうがいいですよ。

おわりに

やはり「好意」をさりげなく見せていくと、男性の心を揺さぶることができます。

焦ることはないので、少しずつ親密さを深めていけば、そこに恋心が芽生える可能性は大いにあり得ますよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)